チームをまとめるなら、「野茂」「清原」というコーチ編成

今回の全日本チームで間違いなく投打の柱になるのは、イチローと松坂で、この2人をいかにコントロールするかが勝敗の分かれ目となるが、この点、清原氏は2人との親交が厚い。とくに故仰木彬元オリックス監督が引き合わせてくれたイチローに関しては、同氏の引退セレモニー出席のためにわざわざ緊急帰国したほどで、「清原さんの言葉にウソはない。心からの言葉を持っている」と言ってはばからない。

肩書きなどは関係なく、投手陣は野茂氏、野手陣は清原氏が担当するコーチ編成が可能ならば、どんな監督が就任しても負担は少なく、チームがひとつにまとまる可能性は高い。技術的には差のないプレーヤーたちが集まるWBCで、勝つ精神力を向上させる力を野茂、清原の両氏は持っていると信じる。



<関連リンク>
WBC監督は自分がしゃしゃり出る必要はない
夢のつづき 海を渡った9人のマイナーリーガー

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。