前回は関東の学生野球リーグのレポートでしたが、今回は関西の学生野球界をリードする関西学生リーグならびに関西六大学リーグの秋季リーグ戦展望をお届けします。

○関西学生リーグ(立命大・関学大・近大・同志社大・関西大・京都大)

今季も優勝候補の筆頭にあげられるのが立命館大学
近年、福岡ダイエーの田中総司・山田秋親選手やヤクルト平本学選手をドラフト上位指名で輩出しているように、このところすばらしいタレントを揃え今季も優勝を狙います。その戦力ですが、今年もドラフト指名が確実となった小川裕介選手と春は4勝をあげMVPを獲得した村田選手の2枚看板は今季も健在。打線も4回生の藤原・肥田・市場・木戸を中心にこちらも他のチームからは脅威の的になりそう。開幕では京都大に苦しめられる展開もありましたが、野手からもドラフト指名選手が出てきそうな戦力。やはり優勝争いでは一歩リードしているとみて間違いないでしょう。

春は惜しくも2位に終った関学大。しかしエースの山之内選手が右ひじ痛から復活し、春は5勝をあげる活躍。ここに今季のリーグ戦で完封勝利をマークした松村選手の二人でチームをリードします。打線も現在打撃が好調なショート・山根選手が3番を任されており、この調子を維持していければ立命大との差も埋めることは可能かもしれません。

春は秋春連覇を逃した近畿大。一時の黄金期は過ぎたかに見えるものの、それでもレギュラー陣は高校時代は名門校出身者が多く、若くからもまれ続けた経験は他チームには無い財産。さすがに打撃陣は4番廣瀬栄選手を中心に立命大にも見劣りしません。また春は防御率1位の0.41を記録した安定感抜群の左腕・野村、関西大戦で勝利をあげた井前選手などこちらも王者・立命大を苦しめるには充分の投手陣です。

そして春季リーグ戦では同立戦を敗れたことで優勝を逃す結果に終った同志社大。こちらはエースの左腕・小南選手と春4勝の活躍を見せた渡辺選手の2人で投手陣は今季も計算できそうですが、打線の弱さが弱点か。平石・藤田・山田選手らの奮起が待たれるところです。

下位には5位関西大、6位京都大と続きます。関西大は2回生からチームを支えつづける小川投手に頼りきってしまっていることが一番の課題か。最終学年ということもあり期待できそうだが、それに続く投手に経験豊富な中道、和田両選手あたりが活躍しないと今季も上位に食い込むことは難しいかもしれません。

京都大は国公立ということもありどうしても戦力不足の観は否めませんが、どうしてどうして今季は優勝候補の立命大を後一歩に追い詰めたかと思いきや、関学大戦では河村投手が2失点完投で18試合ぶりの勝利をチームにもたらすなど、昨年に続き今年も何とか勝ち点を獲得するべく奮闘しています。