7月31日から開催される東アジア選手権の日本代表が発表された。取り急ぎ代表メンバーとジーコ監督のコメントを元川悦子さんのレポートでどうぞ!

東アジアサッカー選手権大会2005 日本代表メンバー

団長 釜本邦茂
監督 ジーコ
テクニカルアドバイザー エドゥー
フィジカルコーチ 里内猛
GKコーチ カンタレリ

<GK>
土肥洋一 FC東京
川口能活 ジュビロ磐田
楢崎正剛 名古屋グランパス
<DF>
三浦淳宏 ヴィッセル神戸
田中 誠 ジュビロ磐田
茶野隆行 ジュビロ磐田
宮本恒靖 ガンバ大阪
三都主アレサンドロ 浦和レッズ
中澤佑二 横浜F・マリノス
坪井慶介 浦和レッズ
加地 亮 FC東京
茂庭照幸 FC東京
<MF>
福西崇史 ジュビロ磐田
小笠原満男 鹿島アントラーズ
本山雅志 鹿島アントラーズ
村井慎二 ジュビロ磐田
遠藤保仁 ガンバ大阪
阿部勇樹 ジェフ千葉
今野泰幸 FC東京
<FW>
久保竜彦 横浜F・マリノス
玉田圭司 柏レイソル
大黒将志 ガンバ大阪
田中達也 浦和レッズ

---------------------------

東アジア選手権日程

7月31日(日) 大田(テジョン)
17:00 <男子>韓国 vs. 中国
19:30 <男子>北朝鮮 vs. 日本

8月1日(月) 全州(チョンジュ)
17:00 <女子>韓国 vs. 中国
19:30 <女子>北朝鮮 vs. 日本

8月3日(水) 大田(テジョン)
17:30 <女子>日本 vs. 中国
20:20 <男子>日本 vs. 中国

8月4日(木) 全州(チョンジュ)
17:15 <女子>韓国 vs. 北朝鮮
20:00 <男子>韓国 vs. 北朝鮮

8月6日(土) 大邱(テグ)
17:00 <女子>中国 vs. 北朝鮮
19:30 <女子>韓国 vs. 日本

8月7日(日) 大邱(テグ)
17:15 <男子>中国 vs. 北朝鮮
20:00 <男子>韓国 vs. 日本

※写真は上から大田ワールドカップスタジアム、全州ワールドカップスタジアム、大邱ワールドカップスタジアム

---------------------------

ジーコ監督

「今、現在みなさまのおかげで本大会出場権を獲得した直後の東アジア選手権ということで気持ち的にはこれでいいということではなく、東アジアの振興と本大会までのしっかりした準備を目指し、いつもと同じ強い気持ちで優勝を狙いたい。第1回大会は最後の最後で得点1に泣き、タイトルを逃してしまった。それをしっかり踏まえて、修正すべき点は修正し、いい準備をして大会にのぞみたい。メンバー発表に当たり、今回は新しい試みとして初代表も入っている。これまでは現状のベストチームにこだわってきたが、今回はFIFAデーではないし、欧州組は移籍も絡んだり、新たなシーズンの準備もあったりする。それで今回は召集を見送った。

召集するのは、川口、楢崎、土肥、加地、三浦アツ、アレックス(三都主)、田中、坪井、宮本、中澤、茶野、茂庭、福西、阿部、今野、遠藤、村井、小笠原、本山、玉田、久保、大黒、田中(レッズ)だ」

……初召集の選手たちはどの点を評価したのか?

「1人1人がうんぬんというより、今回初選出の選手たちはほとんど五輪を経験していたし、リーグ戦でもよさを発揮している。長いスパンで見ているが、力を出していれば必ずチャンスはくるといういい例だ。今回もれた選手でも力を出している選手はいるが、数には限りがあり、タイミングもある、これからもチャンスがあると思ってまい進してほしい」

……久保を召集したが、彼はまだ本調子ではないようだが?

「今、初めて発表した段階だが、ここ数試合を見ていると時間は少ないがかなり調子が上がっている。今すぐ大会が始まるということでもないし、今までも代表で結果を出している選手だ。一緒に練習してみてどう使うか決めたい。完全にコンディションが戻っているとは思っていないが、あえて召集した」

……新しい選手は今までも召集したかったが我慢していたのか、それとも今回初めて入れようと思ったのか?

「若い選手を呼ぶ際には、いつ呼ぶかというタイミングが大切だ。今までは大切な大会だったし、チームも構築されていて連携面を高める必要もあった。そういう意味でも、今回が一番いい時ではないかと思った。選手たちの力は前から見ていたし、複数の選手もいるが、そういう中で今が最適なのではないかと思って召集した」

……アテネ五輪世代の田中と今野の評価は?

「五輪に出る前からクラブでいい働きをしていた。五輪でもいい経験をしたし、その経験がクラブでも役立っている。そういう部分を評価して呼んだ。資質はもともといいものがある。今回もA代表でよさを出してくれることを信じている」

……本大会まで1年だが、強化の青写真は?

「今まで通り、どの監督も頭を痛めている。代表の活動がある時、つねに欧州組を呼べないという問題があるから。特に本大会までに10月の数試合はFIFAデーで欧州組を呼べるので、連携を高められる。この前も1ヶ月間ベストグループで戦えて、いろいろと修正できた。今回、東アジア選手権では呼べないので、新しいグループを加えたし、どのくらいのパフォーマンスを出せるか見たい。これからも欧州組を呼べる機会が少ないので、同じような方法でやっていきたい」

……今回は鈴木隆行が代表から外れているが?

「自分の見る限りだが、自分たちがよく知っている、身体的に強く、幅広い動きでゴールを狙う鈴木隆行ではない。スペースを空けるとかそういう動きが、精神的な疲れからかできていない。元気がないと感じる。今回は休みというか、代表に選出せず、元気を取り戻してもらいたい。彼は割り切りがつけば、力を十分に発揮できる選手。なるべく早く自分たちがよく知っている、精神的にゆるぎない鈴木に戻ってくれることを祈っている」

……現時点でのスタメンは?

「川口、加地、田中、宮本、中澤、アレックス、福西、遠藤、小笠原、玉田、大黒だ」

……アウトサイドのメンバーを固定している理由は?

「今回はバックアップに三浦と村井がいる。自分の選び方は各ポジションに2人ずつ選ぶというもの。それで今回のメンバーになりました」

(取材・文/元川悦子)

●今回の代表選出に関するレポートは次ページから