デジカメの使い方が少し慣れてきたら、撮影方法に応じて自分流にデジカメをカスタマイズするとより使いやすくなります。

今回のデジカメ超ビギナーシリーズは、使いやすくデジカメをカスタマイズする方法についてご紹介します。

近接撮影が多い場合はマクロモードをON!

被写体に近付けて撮る接写とも呼ばれる方法。料理や小物を撮るときによく用います。しかし、デジカメのレンズを近づけてもなかなかピントが合わないことってありませんか?

コンパクトデジカメの場合、各カメラごとに最も近づいて撮れる距離は異なります。それの距離より近づいた場合は、ピントは合いません。その前に近付けて撮るためのマクロモードの設定をONにしておかないと、近接撮影ができません。

近接撮影をすることが多い方は、マクロモードをONにカスタマイズして撮影しましょう。
デジカメカスタマイズ
近接撮影をよくする方はマクロモードの設定をONにしておくことをお忘れなく!


フラッシュを必要な時にだけ光らせる

カフェなどでケーキを撮影したときにフラッシュが光ってしまい、周りからジロリと視線を浴びてしまったという経験をお持ちの方もいるかもしれません。

フラッシュモードをオートにしたままだと、カメラが光が少ないと判断した場合、自動的にフラッシュを点灯させてしまいます。フラッシュは必要な時にだけ使い方場合は、フラッシュモードを発行禁止モードに設定しましょう。

必ずフラッシュを発光させる場合は、強制発光に設定すればOKです。
デジカメカスタマイズ
フラッシュモードをオートにしておくと、自動的に暗いところでフラッシュ撮影を行います。

デジカメカスタマイズ
フラッシュを光らせずに撮影をしたい場合は、発光禁止に設定しておきましょう。


次のページでは、撮影モードなどのカスタマイズ方法についてご紹介します!>>