トラが動いているタイミングをつかんで撮る

トラは一度動き出すと、広範囲に動き回ります。歩く速度も遅くはないので、動き回っているときに撮る場合は、コツをつかむのが大事。

なんとなく動いているトラに向けてレンズを向けるのではなく、トラの動きを観察してから撮るのがおすすめです。トラの動きもしばらく見ていると一定のパターンがあることがわかります。同じところを何度も行き来したり、何回かに一回は違う行動したりすることが見えてきます。このパターンである程度動きの予測がつき、シャッターチャンスがわかります。

動いているときを撮るのが難しいという場合は、一瞬動きが止まった時にシャッターを押すようにします。レンズでトラの動きを追い、動きが止まったところでシャッターを切ります。これを繰り返すと撮影するタイミングがつかめてきます。

トラとの距離によって、ズームレンズで引きと寄りを上手に使い分けることもポイント。近くにいてアップで撮りたいなら望遠で、全身を入れるならワイド側で撮るなど、撮りたい写真に合わせてズームレンズを使いこなします。

動いている動物を撮るときは、最初は難しいかもしれませんが焦らず、何回もチャレンジしてみてください。

年賀状用のトラ撮影
横向きに歩いているところは撮りやすいシーン。まずは横向きから狙ってみるのもいいかもしれません

年賀状用のトラ撮影
一瞬見せる"野生の表情"も見逃さずに。周りの環境も上手に写真に盛り込むのがポイント

年賀状用のトラ撮影
一瞬動きが止まったところはシャッターチャンス。ベロをペロッと出すとトラも可愛く見えます

年賀状用のトラ撮影
縦位置でアップ目で狙ってみてもいいでしょう。ピント合わせに気を付けて撮ります


次のページでは、動物園で撮影するときに注意するポイントを!>>