月見の雰囲気を醸し出すものと一緒に


月見撮影
月見イベントでのススキのディスプレイを利用して撮影。月見に合うものがあれば利用して撮影します


月見撮影
城や和風建築物とも月は相性がいいものです。建物のどの位置ら月が見えるようにするかがポイント

月見と聞くと思いだすものはなんでしょうか。ススキや月見団子などを思い出す方は多いでしょう。その他に、お城や和風建築物などをイメージするかもしれません。

月見の雰囲気を出した写真にするには、これらそれぞれ月見から連想するものと一緒に写真を撮るとより仲秋の名月の時期に撮ったということを伝えることができる一枚になります。

お月見イベントなどに出かけるとススキとお団子などを飾ってあることがあります。このようなディスプレイを利用して月と一緒に撮影するとよいでしょう。

大きな建物などと撮るときは、月が建物のどこの位置から見えるかがポイント。撮影位置を変えると見える場所も変化していくので、場所を変えながら撮影します。

月見の雰囲気を出す写真を撮るには、月に合う被写体を探すことがポイントです

次のページでは、月の模様をきれいに撮るときのポイントです!>>