フラッシュの有無でも雰囲気が変わる

前ページでの写真はすべてフラッシュなしで撮影しています。フラッシュを使うとメリハリの効いた明るい仕上がりになります。フラッシュの有無は仕上がり具合のどちらを好むかによって使い分けます。

日中の撮影でフラッシュを発光させるには、フラッシュモードを強制発光モードに設定にします。被写体に近く寄り過ぎて撮ったりした場合、露出オーバーになり、真白な画面になってしまう場合もありますので注意が必要です。

逆光気味の状況で撮影するときにもフラッシュは有効な手段。背景から光が差し込む場合にフラッシュを入れて撮影するという方法もありです。

フラッシュの有無の写り具合を比較してみてください。

ポートレート
フラッシュを使ってのショット。表情全面が明るくなり、髪の毛にも「天使のリング」の反射が写っています


ポートレート
前ページに載せた写真。フラッシュなしで撮影しています


>>次のページでは連写撮影を使っての効果的な撮影法についてご案内します!