少し霧がかったような写真を見かけることがあります。どこか幻想的にも見える写真。意図してこのような写真を撮りたいというときに簡単にできる方法をご紹介します。

題して「(息で)ハァーして幻想写真」。カメラを問わずに簡単にできます。

レンズに息を吹きかけるだけ



曇りレンズ
息を吹きかけて曇らせたレンズ。


フィルター
レンズ表面に直接息を吹きかけるより、保護フィルターを装着してから吹きかけるほうがいいでしょう。


通常、撮影で画面にモヤがかかったような効果を得るには、ソフトフィルターというものをレンズ面に取り付けます。今回は、このソフトフィルターを使わずにこの効果を得て撮影しようというのが狙いです。

気温が下がってくる季節になると、ガラス面に息を吹きかけるとしばらく曇った状態になります。この特性を利用して撮影します。

準備は、単にレンズ面に息を吹きかけてレンズを曇らす、これだけです。デジイチ、コンデジどちらでも出来ます。ただ、デジイチのレンズ面に直接息を何度も 吹きかけると汚れの原因もなるので、出来れば保護フィルターなどを取り付けてそのフィルター面に吹きかけることをおすすめします。

コンデジの場合も、息を吹きかけ過ぎて、レンズ面が汚れたと思ったら、クロスなどで クリーニングしたほうがよいでしょう。

また、オートフォーカスでのピント合わせは、曇り具合が濃いと合わせにくくなります。 その場合は、マニュアルフォーカスでピント合わせをしたほうがいいでしょう。

では、レンズにハァーと息を吹きかけて撮影してみましょう。

次のページで、ハァーして撮った幻想写真を早速ご覧ください!