デジタル一眼レフカメラの売れ行きが好調の様子。この時期に、初めて一眼レフカメラを手にされている方も多いのでは。またこれから一眼レフカメラの購入を考えている方もいらっしゃるでしょう。

ケータイカメラ、デジタルコンパクトカメラからいきなり一眼レフに持ち替えるといろんなことで戸惑うことも多いかもしれませんね。戸惑う部分のひとつが液晶画面を見ながら撮れないということではないでしょうか。

そんな戸惑うポイントを解消してくれる便利なカメラを見つけました。では、そのカメラをご紹介しましょう。

一眼レフは、液晶を見ながらは撮れない?

撮影風景
E-330のモニターを通しての撮影風景。見ながら撮れるところがポイント。

初めて一眼レフを手にされた方は、「あれ、モニターに撮ろうとする画像が映らないよ」と思った方もいるはず。そうなんです、通常一眼レフの液晶画面は撮った写真をチェックするモニターであって、レンズを通して写そうとする画像は見ることができないのです。(※一部モニターで撮影時の画像チェック可能な機種はあります。)

これは、ケータイ、コンパクト慣れした方からすると、とても大きな違いです。 コンパクトカメラでは、ファインダーが取り除かれる傾向にある中、一眼レフはファインダーを通してでしか撮れないわけです。

ですが、液晶モニターを見ながらでも撮影できるカメラがあるのです。それは、オリンパスから出ている、E-330というデジタル一眼レフカメラ。

ライブビューは、とてつもなく便利な機能

ライブビュー
E-330のライブビューの可動部分のイメージ画像。液晶画面が可動するというのは、一眼レフカメラでは画期的なこと。(画像提供、オリンパス)
今回、このカメラを紹介しているのは、瀬川が最初に見たとき、率直に「これは便利に使えるカメラだ」と感じたからに他なりません。そう感じさせた機能というのがE-330に搭載されている、ライブビューという機能部分。

ライブビューは、言うなれば、コンパクトカメラやケータイカメラのように、液晶モニターに撮りたい画像を映しながら撮影が出来る機能。これまで、モニターを見ながらの撮影に慣れている方には、違和感なく使いこなすことができる一眼レフカメラと言っていいでしょう。

しかし、ライブビューの特徴は、これだけに留まりません。液晶モニターが可動式になっているのです。上に90度、下に45度の範囲で可動。言葉で書くと淡々としてしまいますが、これがものすごく便利な機能なのです!

瀬川がこのカメラに興味を持ったのもこの可動式のモニター部分。ちょうどビデオカメラのモニター部分と同じような働きをします。一眼レフカメラに搭載されるとどのように便利に活用できるか少しご紹介しましょう。

次のページでは、ライブビューを活用した撮影方法、作例を紹介します。