恋愛系相性ランキング

気になるあの人との相性は?

気になるあの人との相性は?

人生色々な人との出会いがありますね。では、その出会いはどのような影響をあなたの人生に与えるのでしょう?
  • 出会ったときの互いの運気
  • 相性
  • 宿命

などなど、様々な要素の上にひとつの出会いが成立いています。今回は、恋愛における相性と相性の形別恋愛傾向をランキング形式でまとめてみました。気になる相手との相性を調べて今後の付き合い方の参考にしてみて下さいね。では、まず、ホロスコープを出してみましょう。
   

あなたのホロスコープの調べ方

nekomata's tarot page  ホロスコープ作成サービス
画像クリックして頂ければ入力画面へリンクしています。
今回も、NEKMATAさんのホロスコープをお借りします。

nekomata's tarot page  ホロスコープ作成サービス

あなた自身の生年月日・時間場所を入力し、ホロスコープ作成をクリックするとホロスコープが表示されます。

■今回は一重円のホロスコープではなく、三重円のホロスコープを使用します。

生年月日・時間・場所入力の2段目に相手のデータを入力すると、相性ホロスコープとして活用できます。時間がわからない場合は、12時にしておいて下さい。但し、相手のアセンダントを求める場合は正確な時間が必要です。また、相手のアセンダントとあなたの惑星の星座の関係を調べるときは、上下の入力を逆にするとわかりやすいと思います。

■注意
ホロスコープへのリンクが1度に飛ばない場合があります……。その際は「最新の情報に更新」のボタンをクリックして下さいね。

1位:金星と太陽の一致・火星と太陽の一致

最近は男女の恋愛感覚の違いが、微少になりつつあるので、昔の理論のように
  • 男性原理的恋愛傾向
  • 女性原理的恋愛傾向
というものの区別を単純にできなくなっています。ですから、昔ながらのオーソドックスな解読法では、
  • 女性の火星と男性の太陽の一致
  • 男性の金星と女性の太陽の一致
というパーターンが良好な恋愛対象を見つけるポイントでしたが、現代社会においては、
  • 女性の金星と男性の太陽が一致
  • 男性の火星と女性の太陽が一致
というパターンも見過ごせなくなってきています。ですので、その人物が女性であれ、男性であれ、まず最初にどのような恋愛原理に基づいて、
  • 恋に落ちる傾向が強いか?
  • 昔ながらのパターンなのか?
  • 現代的なユニセックスなパターンなのか?
を見極めることが重要です。さらに面白いことに、この恋愛パターンは、不動のものではなく、相手の存在によって大きく変化することもあると言うことです。

「自分がこういうタイプであったとはこれまで気が付かなかった……」

この内面の恋愛パターンの大きな変化に喜びがともなえば、その出会いはその人にとって「運命の出会い」の予感をともなうものになるでしょう。

2位:相手のアセンダントとあなたの金星の一致

理想の生き様を感じる。

あなたの理想の形の到達点へ相手が向かっていることを理解できるので、たとえ、あなた自身がそのような生き方を選択していなかったとしても、どことなくあこがれるような感じで惹かれる。相手もあなたといると居心地が良い。相乗効果的に相手はあなたの存在に癒しに似た感覚を感じやすく、才能が開花したり、成長度が高まったり、自信を獲得したりできる。そう言った意味で言えば、相手にとってもあなたはあげまんになる。
 

同2位:相手のアセンダントとあなたの火星が一致

こんな人がいいなぁ~と感じる、いわゆる好みのタイプ。

上記の金星の場合に似ているが、少し違うのは金星が明確に相手の生き方や人生のロマンにあなたの恋心が同調するものであるとすれば、この火星の場合は、もう少し漠然とした感覚で惹かれるところ。その分、情熱は直線的で、相手の存在そのものにパッションを感じる傾向が強い。ぐぐっと惹かれる……感じ。性的衝動もこちらのほうが強く、あなた側の独占欲もわきやすい。

■いずれの場合も基本的に当事者同士は、理屈抜きで惹かれ合いやすく、出会った瞬間に好意を抱きやすい。

興味深いのは、金星・火星どちらのパターンも、

熱しやすく冷めにくいところ。

たとえ、別れてしまっても「良い人・良い思い出」が残りやすく、心の片隅に、似かよった異性を理想のタイプとのひとつとして記憶する傾向が強い。なので、互いの人間性の不一致が直接別れの原因になることは、ほとんどなく、別れの原因は何らかの不可抗力的な状況の不一致である場合が多い。長い時間枠で見れば、状況が大きく変化すれば復縁がある場合も少なくない。

3位:あなたのドラゴンヘッドと相手の太陽が一致

前世から持ち越している出会い。

出会った瞬間に何か、他の人とは違うシンパシーを感じたりする。いわゆる初対面であるのに初めて会った気がしない、という不思議な感覚をともなう出会い。話も合いやすく、互いの共通項も徐々に明らかになっていく場合が多い。縁の深い関係。また、このパターンは相手は前世でのお礼に出てくることが多いので、あなたにとってプラス要素が多い関係になる。
 

4位:金星と金星が一致

ノリは合うが……楽しいロマンスで終わるかも?

出会いから恋愛に発展する間隔が短く、すぐに相思相愛のような気持ちになりやすい、ラブラブな間柄。恋愛においての互いのリクエストを言葉に出して説明するまでもなく分かち合え、関係は楽しさで一杯になることが多い。がしかし、他の要素が加味されなければ、楽しい恋としてそれ以上発展せず、思いの外、短期間で終わる場合も……いわゆる、

熱しやすく冷めやすい

というパターンにお互いはまりやすい。その際、特に互いに嫌いになったわけでもなく、明確な別れの原因がつかみ辛いので、不用意に再開してしまうと簡単に再燃し、また同じことを繰り返してしまうことも少なくない。他に余程のマイナス要素が絡んでこない限り、互いに憎しみあって別れるというような事態にはまずならないはず。

但し、再開時にいずれかに別のパートナーができていれば、少々、問題はややっこしくなる……、そのような状況でも、互いについつい状況に流されやすく代えがたい楽しさ・居心地の良さを感じあってしまうので、場合によってはキケンな関係かもしれない……。
 

5位:火星と火星が一致

腐れ縁
永すぎた春……になりやすいパターン


出会って恋人同士になってしまうと、切っても切れない関係になる可能性が非常に高い。10年愛……とかになるパターン。意外と結婚するまでに月日を要する場合が多く、即結婚しそうでしない運命の不思議を感じさせる。長い付き合いになるがゴールまでたどり着けるかどうかは、不明。

この長く先の見えにくい交際の途中、他の異性が登場しても、何となく全力で向き合えない不完全燃焼状態になりやすく、どこか、この火星の相手に後ろ髪を引かれ続ける感覚から開放されにくい。情熱の火星が一致なので、ある意味、それ以上の燃え上がりを他からは感じにくくなってしまうのかもしれない。

早めに結婚して……云々の将来設計を持っている人には不向きな出会い。逆に他の要素とうまく絡めて、早めに結婚できれば、比較的長続きしやすい。もちろん、火星なので相手に幻滅するなど、変化が起これば極端で激しい。ある瞬間、ぱたっと……恋からさめる。ということは、永い春の途中でも、早期結婚でもあり得る。

星座の一致だけではなく、ここも要チェック

■一致以外には、同じエレメント・グループも引き合いやすい相性です。
ので、各ランキングで、再チェックしてみて下さいね。

火のエレメントの星座グループ

おひつじ座・しし座・いて座

土のエレメントの星座グループ

おうし座・おとめ座・やぎ座

風のエレメントの星座グループ

ふたご座・てんびん座・みずがめ座

水のエレメントの星座グループ

かに座・さそり座・うお座

****************

このように、いくつかのパターンを上げさせていただきました。まだ、他にも興味深い相性のパターンが沢山あります。そちらは、また機会がありましたら、発表させていただこうと思います。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。