巷ではオーラという言葉がよくきかれるようになりました。オーラを特集した雑誌もあちこちでたくさん見ることができます。

そして、最近女性が一番言われてうれしいことばの一つが「オーラが輝いているね!」だとか。

それでは、このオーラ。一体なにものなのでしょか?そしてこのオーラを輝かせる方法なんていうのはあるのでしょうか?

オーラの正体とオーラを輝かせるための秘訣を探ります!

オーラはエネルギーによって創られる!

桃花
肉体や物質を形作るエネルギーは波動を発しています。
今からおよそ100年前。アインシュタインが相対性理論という物理学における画期的な理論を発表したことはみなさんもご存知のことでしょう。

このアインシュタインが発見した公式に「E=MC²」というものがあります。この公式でアインシュタインは、E(エネルギー)はM(物質)xC(光の速度)の二乗に等しいと証明したのです。

これをもう少し噛み砕いていうと、「物質は全てエネルギーのかたまりである」という意味になります。物質にはもちろん私達の肉体も含まれます。

この自然法則。実は3000年以上前の中国では既に発見されていました。当時から中国では陰陽五行論という自然法則が信じられていましたが、この陰陽五行論。この世の中に存在するすべての物質・肉体・精神は「気」というエネルギーにより形作られ支配されているという理論だったのです。

そして、ここ数十年間にエネルギーや「気」の研究が欧米をはじめとする研究機関において盛んに行われ、これらの性質のかなりの部分が解明されています。

この研究分野は専門用語で「Vibrational Medicine」(波動医療)と呼ばれますが、一般的な西洋医療に代替する医療として昨今にわかに注目を浴び始めています。

さて、それら研究結果で、わたしたちの肉体は幾層ものエネルギー体により守られ、そのエネルギー体の一つ一つが特徴的なバイブレーション(波動)を発しているということが判明しました。

このバイブレーション、大気と触れ合いスパークすることにより高い波動の「光」を発します。この「光」のことをおおまかに総称して「オーラ」と呼ぶのです。

オーラの波動は、一般的な可視レベルからはずれたものなので普段は目にすることが出来ません。でも、少し訓練をつめばわたしたちの肉眼でも次第にこの光を目にすることが出来るようになります。

次のページではオーラの色が表す特徴を見てゆきます。