神社は日本人のこころのふるさと

神社
神社は昔から私たち日本人のこころのふるさとです
みなさん、何かお願い事が出来たときはどうしますか?

多くの方は、「とりあえずは近所の神社にでも行ってお願いしてこようか?」なんて思われるのではないでしょうか?そのように、神社は私達日本人にとって昔からとても身近な存在です。よく日本人は、「確固とした信仰を持たない国民だ」なんて外国人の人達に言われることがありますが、いえいえ、日本人ほど昔から神様への信仰が生活に密着した国民は他にないのではないでしょうか?

私も小さいころから、家の近所の神社の境内で日が暮れるまで友達と虫採りなんかをして遊んでいたことを今でもはっきりと思い出します。そして、子供心に神社という場所には何か不思議な偉い人が住んでいて、「ここで悪いことをすれば罰があたるし、一生懸命お願いをすれば願いをかなえてくれるんだ」なんて信じていました。

みなさんも、神社に関しては似たような経験をお持ちなのではないでしょうか?いずれにせよ、神社は、私達が小さい頃からとても不思議でありながらも、身近な存在だったわけです。

さて、この神社の起源ですが、縄文時代における自然崇拝の風習が原型と考えられているようです。この当時、神々は自然の中に存在すると信じられていましたが、時が経つにつれて、私達の身近な場所に神社という神様の宿泊施設を建てて、下界にお迎えするようになりました。

ただ、いろいろな神社のご由緒書きを見てみても、正確にそれがいつだったかは、明記されていません。いずれにしても、かつて「神々を丁重に祀ることにより五穀豊穣や人々の安全を感謝する」ために使用されていた神社は、今でも私達が神様にいろいろなご祈願をする特別な場所として大変人気があります。

普段あまり信仰心のない人でも、初詣などで少なくとも毎年1回は神社で参拝しているのではないでしょうか?そこで、今回は「神社開運秘儀」と称して、開運へとつながる正しい神社祈願の心構えと基本作法を公開致します。

「神様が願いをかなえてくれるお願いの仕方とは?」