新作落語で笑いすぎてヘトヘト

大銀座落語祭2007のパンフレット内の地図を片手に銀座の街を雨の中、右往左往してきました
次は今回最も体力が必要な「爆笑新作らくご会」。落語通な方ならご存知かと思いますが、この新作落語ってのは笑いが多くて楽しいんだけど、聴いていて凄く疲れるのです。

なぜなら新作落語は古典落語と違い、演目内容がよく分からないので集中して聞いてないと噺の筋が分からなくなります。それに古典落語のようにジワジワ、クスクスではなく、漫才やコントのように突発的にドッと笑わせることが多いので、一席聴き終わると笑い疲れでグッタリします。

今回も9人の新作落語でたっぷり笑わせてもらいました。

7/14(土)17:00開演
博品館劇場 「爆笑新作落語会・第一部」

■笑福亭鶴瓶「いらち車」(「」内は演目名)
まずは開口一番で笑福亭鶴瓶の弟子の笑福亭瓶成(”へいせい”と読みます)が「いらち車」。入門してから数年とは思えない、語り口と関西弁マジックで客をわしづかみ。開口一番の「客を暖める」責任を十二分に果たしていました。

■春風亭栄助「(新)生徒の作文」
つづいてシュールな風貌とさらにシュールなネタで笑わす春風亭栄助が自作の「(新)生徒の作文」で会場を新作落語ワールドにどっぷりと引き込む。彼の落語はツボにハマルと何をしゃべっても笑いが起こります。関東で今、一番期待の二つ目。

■笑福亭たま「ドーベルマン刑事」
今回、私が一番楽しみにしていたのがこの笑福亭たま(上方界一押しの若手噺家)。マクラでショートコントのような自作の新作小咄を連発してから、「ドーベルマン刑事」に入りました。内容は優秀だがクセのある警察犬と刑事が主役の刑事ドラマ風のコント落語、というよりコントでした。

噺のベースや展開がコントそのもの。日テレの「エンタの神様」やNHKの勝ち抜き「お笑いバトル」でも十分爆笑が取れそうなネタでした。

■林家彦いち「掛け声指南」
一部のトリはSWAのメンバーでもある彦いちが登場。ボクサーを引退したタイ人が新宿で様々な職業につきながら、日本語を覚え、再びセコンドとしてボクシング界に復帰していくという、シュールなサクセスストーリー? を彦いち得意のオーバーアクションで演じきる。

7/14(土)19:00頃
博品館劇場 「爆笑新作落語会・第二部」

■月亭遊方「戦え!サンダーマン」
コント仕立ての新作落語でヒーローショーに紛れ込み、観客の子供を人質に逃げようとする犯人と子供たちの夢を壊さないようにあくまでもヒーローショーの一つの演出だとして犯人にトンチンカンにやたらと絡んでくる役者達とのドタバタ劇。

■桂三象三象「アメリカ人が家にやってきた」
アメリカ人が家にやってくるという設定で家族がめちゃくちゃになる(ここら辺から笑い疲れはじめる)。

■三遊亭歌之介「お父さんのハンディ」
寄席でやる爆笑につぐ爆笑のクスグリを連発。この日は他の上方の演者に負けじと、観客をいつもより笑わせにいっていた(笑いすぎて少々咳き込み始めた)。

■林家しん平「ハートメン」(鬼の面)
古典落語のような設定でホロっとする新作・人情噺「ハートメン」。日本昔話のような内容なので落ち着いて聴けました。激しい爆笑の新作落語の中でこんな一休みさせてくれるような選定をしてくれたしん平にざぶとん一枚あげたかったです。オマケに「ガイコツかっぽれ」も披露してくれました。

■笑福亭福笑「葬儀屋さん」
やっと本日のトリ、笑福亭福笑が登場。亡くなった自分の親父の葬儀の方法を残った息子と娘があれでもない、これでもないと大いに揉め、その結果、その葬儀はとんでもないことになる。葬式を舞台にした騒動を吉本新喜劇風にたっぷり披露してくれました。

17:00から始まったこの会の終演時間は21:00。約4時間に渡って新作落語9本を聴きました。会場を後にするお客さんのほとんどが、笑い疲れた表情で会場を後にしていまいした。

まさにタイトルどおり「東西味くらべ!落語満漢全席!!」。どの会もお腹いっぱいというより少々戻してしまいそうなくらい充実しすぎた内容でした。

7/15(日)の日曜日の模様は「大銀座落語祭2007ぶった切り・その2」で紹介します。

【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で落語のCD・DVDを見る

Amazonで落語のDVDを見る


■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。