使用期間の長い暖房器具

暖房器具は冷房器具よりも使う期間が長い

暖房器具は冷房器具よりも使う期間が長い

北と南の気温差が激しい日本ですが、それでも日本全国で平均すると冷房器具を使う期間よりも暖房器具を使う期間のほうが圧倒的に長くなっています。冷房であれば7~8月、暖房は長いところですと11月~3月まで使用する地域もあります。つまり、いかに暖房費を節約するかによって、年間の光熱費は大きく変わってくるのです。暖房は少しの節約で大きく節約効果が得られますので、以下にその方法をご紹介していきます。
 

暖房器具に頼る前にまずは暖かい環境作り

暖房費の節約というとすぐに「エアコンの使い方を」など暖房器具に気をとられてしまうかもしれませんが、まずは暖かい環境を作ることが一番の暖房費の節約に繋がります。

雨戸やカーテンを閉めるだけで冷たい外気を遮断してくれ、また部屋の中の温まった空気を逃すことも防いでくれます。カーテンであれば遮熱カーテンのような厚手のものを床に届く長さで利用することがポイントです。また最近では市販のもので窓に貼り付ける断熱シートもおすすめ。カーテンや断熱シートは商品により差はありますが、施工するのとしないのでは1~2℃違ってきます。暖房はエアコンの設定温度を21℃~20℃にして1日9時間使った場合、年間で約1170円節約できると言われているので、暖房費の節約効果は大きいものです(※)。
 

 暖房費を節約できる服装は?

3000円程度から購入可能な保温効果が高いダウンベスト

3000円程度から購入可能な保温効果が高いダウンベスト

当たり前のようですが、自分自身が暖かい格好をすることも重要です。カーデガンでプラス2.2℃、ひざかけの利用でプラス2.5℃、ソックス着用でプラス0.6℃になると言われています(※)。

またガイドのおすすめはダウンベスト。ダウンジャケットは、その保温性の高さから「薄着でオシャレができる」と近年では多くの方が利用しています。机に向かって動かずに作業する時などは部屋でダウンジャケットを着るのもおすすめなのですが、家事をするとなると少々動きづらいのが欠点。そこでおすすめしたいのがダウンベストです。安価なものであれば3000円程度でも購入できますし、基本的にはその後のランニングコストはかからず何年も使えるものなので、暖房費の元はすぐにとれてしまいます。

>>続いて暖房費を節約できる暖房器具の選び方をご紹介します