本邦初公開! 韓国語の『ライオンキング』

画像の代替テキスト
主人公の雄ライオン、シンバを演じるイ・ギョンスさん。伸びやかな歌声を披露してくれました
10月28日から、韓国・ソウルの「シャルロッテ劇場」で、ミュージカル『ライオンキング』が上演されます。開幕に先立ち、9月30日、10月1日の両日、浜松町の「四季劇場・春」で、試演会が行われました。開幕の一ヶ月前に行われたこの試演会には韓国からのお客さまもいっぱい。開演前の劇場は、韓国語と日本語の両方が飛び交い、緊迫感とわくわく感が入り混じった独特の雰囲気に包まれていました。

そう、日本の「劇団四季」が韓国で行うこちらの公演、本国である韓国で、大きな話題となっているのです。ニュースでもとりあげられていたので、ご存知の方も多いでしょう。オール韓国人キャストで、韓国語で上演される、『ラインキング』は、韓国で初めてのミュージカル公演無期限ロングランを予定しています。
画像の代替テキスト
1998年のトニー賞で6部門を受賞。東京での公演もすでに8年目を迎ています
入場料も今までの韓国のミュージカル公演に比較して、2~3割程度、安く設定されていることもあり(S席価格が9000ウォン、日本円で約1万1000円)、「文化侵略」と批判する声も聞かれました。2年ほど前にも、同様の計画がありましたが、反発の声が強く中止になったという経緯もあります。
それだけに、韓国の記者の方々の注目もとても高いのです。私もブロードウェイや日本では何度も見ている演目ですが、韓国語版はもちろん初めて。自分が舞台に上がるわけでもないのに、どきどきしながら開演を待ちました。

次ページは、舞台、記者会見についてのレポートです。