名湯・秘湯がずらり!知られざる 青森の温泉力

青森温泉

青森奥地の大自然に囲まれた秘湯。青森には、湯力あり、風情ありの秘湯が点在しています

青森県は、知られざる日本有数の湯どころ。源泉総数、温泉地数ともに全国で上位に入っています。青森ならではの魅力はロケーションで、深い山懐や海岸沿いに、美しい景観を楽しめる温泉宿や名湯・秘湯とよばれる温泉が点在しています。

源泉かけ流しは当たり前と言っても過言ではありません。また泉質も酸性泉、食塩泉、単純温泉などバラエティに富んでいて、さまざまな効能が期待できます。

豊かな自然を肌で感じながら、たっぷりの源泉をかけ流す贅沢な湯船で、心と身体をゆったり癒してみてはいかがですか。

青森極上の湯っこ

青森では、温泉のことを「湯っこ」といいます。ここでは、地域の人や観光客から愛されている青森の湯っこをいくつかご紹介いたします。

酸ヶ湯温泉
酸ヶ湯温泉名物、約80坪の広さの中に5つの浴槽がある「千人風呂」

酸ヶ湯温泉名物、総ヒバ造りの「千人風呂」


湯治場で有名、青森を代表する名湯
八甲田連峰大岳西麓、標高900mの高所にある「千人風呂」で有名な温泉です。千人風呂は約80坪の広さの中に5つの浴槽があり、昔ながらの湯治湯の趣を今も残しています。男女混浴ですが女性専用時間も。また、2Fには女性専用の浴室もあります。

住所:青森県青森市荒川南荒川山国有林酸湯沢50
TEL:017-738-6400
料金:入浴(7:00~18:00)600円
アクセス:JR青森駅より車で約1時間

 

ぬぐだまりの里 秘湯 八甲田温泉
八甲田温泉

八甲田の大自然に包まれた露天風呂は格別


八甲田の大自然に包まれた温泉
八甲田の観光名所、田代湿原の入り口に佇む一軒宿の温泉。全国でも珍しい「ラムネ湯」があります。外湯では八甲田の景色を満喫できます。大浴場は泉源が異なり、また違った泉質を楽しむことができます。

住所:青森県青森市大字駒込字深沢766-2
TEL:017-738-8288
料金:入浴(8:00~20:00)500円
アクセス:JR青森駅より車で約50分
※冬期休業期間あり

 

蔦温泉
蔦温泉

源泉の上に浴槽がある蔦温泉


明治42年創業の日本の秘湯
ブナの原生林に囲まれた山あいの温泉です。木のぬくもりと歴史を感じる重厚な建物は雰囲気抜群。「日本の秘湯」にも選ばれています。下から源泉が湧き出る浴槽は全国的にも少ないそう。ブナの湯船の底板から生のお湯が湧き出ています。
ゆっくりお湯に浸かったあとは、周辺の「野鳥の森」で森林浴をしながら野鳥観察が楽しめます。歌人・大町桂月がその自然に魅せられ、晩年を過ごした地としても有名です。

住所:青森県十和田市大字奥瀬字蔦野湯1
TEL:0176-74-2311
料金:入浴(9:00~16:00)500円
アクセス:JR青森駅より車で約1時間30分

 

青荷温泉
雪の風情は雪国ならでは。静まりかえる山奥で、雪とランプを眺めながら入る温泉は情緒たっぷりです

冬の雪見露天もおすすめ。雪国の情緒が感じられます


人里離れた大人の隠れ家
秘境青荷渓谷の渓流沿いに佇む「ランプの宿」として全国的に有名。のどかでひなびた風情が魅力の温泉です。総ヒバ造りの内湯や絶景を楽しめる露天風呂など、4つのお湯を楽しめます。夕暮れになると、母屋や露天風呂にランプの灯りが。静まりかえる山のなかで、幻想的な雰囲気を味わえます。

住所:青森県黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1-7
TEL:0172-54-8588
料金:入浴(10:00~15:00)500円
アクセス:JR黒石駅より車で約40分

 

■温川温泉 温川山荘
温川温泉

温川山荘へと続く吊り橋。風情があります


秘湯ムード満天、山にひっそり佇む温泉

浅瀬石川に架かる吊り橋を渡って、深い森のなかにひっそりと在る佇まいが秘湯ムード満天の温泉。「日本の秘湯」にも選ばれています。ヒバ造りの湯船からほんのり漂うヒバの香りで、心と身体が癒されます。また、『宮本武蔵』で知られる吉川英治ゆかりの宿として、敷地内に文学碑が建っています。

住所:平川市切明津根川森1-32
TEL:090-2450-3852
料金:入浴(10:00~18:00)500円
アクセス:JR黒石駅より車で約50分

 

黄金崎不老ふ死温泉
夕刻は海がオレンジ色に染まる絶景を眺めながらお湯に浸かれます

海岸と一体化し、風と潮騒を感じられる露天風呂は爽快


潮騒と絶景のなかで湯に浸かる
日本を代表する有名な温泉。メディアでよくとりあげられる海辺の露天風呂のほかに、日本海の景色が広がる大浴場やパノラマ展望風呂もあります。夕刻、オレンジ色に染まる日本海を眺めながら浸かるお湯は最高。贅沢なひとときを過ごせます。

住所:青森県西津軽郡深浦町大字舮作字下清滝15
TEL:0173-74-3500
料金:入浴(8:00~16:00※)600円
アクセス:JR舮作駅より徒歩15分(送迎あり要予約)
※入浴時間はお風呂により異なります。海辺の露天風呂8:00~16:00、本館8:00~20:00、新館11:00~14:00。

 

鍋石温泉 ウェスパ椿山
天気が良く温かい日はドーム型開閉窓が開き、 露天風呂に早変わり

天気が良く温かい日はドーム型開閉窓が開き、 露天風呂に早変わり


日本海の絶景を楽しめるリゾート温泉
日本海と白神山地に囲まれた、自然いっぱいのリゾート施設「ウェスパ椿山」にあります。展望温泉からは日本海や夕陽、漁火の眺めを満喫できます。

住所:青森県西津軽郡深浦町舮作鍋石226-1
TEL:0173-75-2261
料金:入浴(7:00~21:00)500円
アクセス:JRウェスパ椿山駅よりすぐ

 

鯵ケ沢温泉 水軍の宿
あ

船型の大露天風呂。30万年前の地層から湧き出た海水が温泉になった「海水温泉」です


武家屋敷の雰囲気で楽しむ30万年前の湯
青森のホテル・旅館で紹介している、「ホテルグランメール山海荘」の姉妹館。海水温泉といわれる強塩泉が特徴です。大浴場のほかに4部屋だけの温泉露天風呂付客室も。武家屋敷をイメージした建物で、30万年前の海水温泉に身をゆだね、ゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがですか。

住所:青森県西津軽郡鯵ヶ沢町大字舞戸町字下富田26-1
TEL:0173-72-6511
料金:入浴(8:00~22:00)420円
アクセス:JR鯵ケ沢駅より徒歩約5分

 

■奥薬研温泉郷 夫婦かっぱの湯
湯船の下には川が。その風景に癒されます

湯船の下には川の流れが。その音と風景に癒されます


渓谷美を楽しめる青森一の秘湯
下北奥地の渓谷に佇む温泉。秘境ながらレストハウスが併設されていて便利です。川沿いにあり開放感は抜群。大自然のなかにあるため、夏場はアブが気になることも。新緑の春、紅葉の秋が人気です。

住所:大畑町奥薬研
TEL:0175-34-2008
料金:入浴(4月~10月8:30~18:00、11月~3月10:00~17:00・火曜休)200円
アクセス:JR下北駅より下北交通むつ線バス利用で「大畑」まで、「大畑」より車で約40分
※日帰り入浴のみ

青森の温泉郷

青森の温泉郷のなかから、旅情をそそる3つの温泉郷をご紹介いたします。

■浅虫温泉郷
浅虫温泉郷

海も山も温泉も楽しめる浅虫温泉郷

“青森の奥座敷”といわれてる、昔からの温泉地です。温泉街のある浅虫温泉駅までは、青森駅から電車で15~30分。アクセス良く、旅の拠点にも便利です。温泉街には無料の足湯や飲泉所(飲む温泉)があり、散策するにも楽しい場所です。駅向かいの道の駅で温泉街マップを手に入れ歩いてみましょう。くじら餅をはじめとするこの地ならではのお土産やグルメ、それに海や山でのレジャーも楽しめます。

 

■下風呂温泉郷
下風呂温泉郷

夜景もきれいな下風呂温泉郷

本州最果て・下北半島の海沿いにあります。古くから湯治湯として親しまれたこの温泉郷には、情緒あふれる風情が今もなお残っていて、潮騒や津軽海峡に浮かぶイカ釣り漁船の漁り火が旅人の心を癒します。文豪井上靖も下風呂温泉郷を訪れ、『海峡』の終局を執筆しています。また、この地でいただける新鮮な海の幸も魅力。名物のアンコウは日本一との呼び声もあります。

 
■嶽温泉郷
嶽温泉郷

お山の文化を感じられる嶽温泉郷

津軽人が愛するお山・岩木山の山麓にある温泉郷。小説の舞台にもなった付近の高原、とうもろこし畑、そして岩木山など、風光を楽しむスポットが点在します。食の魅力も満載で、山のホテルでいただける名物マタギ飯、青森のブランド食材嶽きみはどちらも絶品! 岩木山の観光拠点としても賑わっています。

 

※料金は2009年12月現在、平日基本税込み価格(目安)です。最新情報について変更となっている可能性がありますので、予めご了承下さいませ。
※詳細は各温泉にお問い合わせ下さい。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。