野菜好きな日本人が増加中

ベランダガーデニングも畑を借りての野菜育ても一度はやってみるといいですよ。
らでぃっしゅぼーや調べによると、2008年は88.6%だった野菜支持率が2009年は93.1%に上昇で9割超え。さらに過去、現在含め野菜作りにチャレンジしたことのある人も約7割の高シェアで、現在も野菜作りを続けているという人が35.7%もいるという結果もこの調査からわかったそうです。先日、お笑いコンビ「ロンブー」の淳さんが野菜ソムリエを取るなど、野菜の好きな日本人が増えている現象のひとつ。

子供の好き嫌いにも変化。にんじんが好きな野菜に

時代が変わると嫌われっ子も人気者に!
かつて子供の嫌いな野菜の代表といえばにんじんでしたが、同じくらでぃっしゅぼーや調べによると、にんじんは子供の嫌いな野菜ではなく、好きな野菜ランキングに登場するように。これは昔のにんじんに比べ、現代のにんじんが甘いことや、青臭さが緩和されたことに理由があるという見方もあります(わが子がにんじん嫌いの場合は、偏食を促さないため食卓にのぼるようにしてあげてくださいね)。

一方、成人女性の嫌いな野菜にはにんじんがランクイン。ここにも時代の変化を感じます。お母さんという立場にいる場合、子供の偏食を促さないために食卓には登るようにしてあげてください。