ふんわりした洗いたて布おむつの嬉しさ

洗濯した洗濯物を天気のいい日に干すと気持ちが良くてストレス発散になるという、たいちゃんのママ。休日に使ったバンビーノミオの洗濯の様子を見せてもらいました。汚れがつきにくい素材が使われているバンビーノミオ。ライナーを使っているためもあり、バケツの中に浸け置きされているおむつはキレイです。

バンビーノミオ洗濯
上 バンビーノミオ用クレンザー「ミオフレッシュ」を溶かしたバケツにおむつを浸け置き(水5リットルに対しミオフレッシュ15ml)。ミオフレッシュの成分は環境にも生地にもやさしく、バクテリアの繁殖を防ぐので部屋に干してもにおわない。絶対使わなければならないものではないが、購入できれば使いたいミオフレッシュ下 浸け置きしたおむつを軽くすすぎ、洗濯機で家庭用洗剤を使い洗う

バンビーノミオ洗濯
天気のいい日には、おむつを干すのも小さな楽しみ
さらしのおむつは洗濯するとからまってしまい、ほぐして延ばして干すのがひと手間でしたが、バンビーノミオは洗濯機から取り出してそのまま干せばよいのでラクだそう。部屋に干しているおむつはキレイに汚れが取れています。ふんわりと乾いたバンビーノミオのコットン生地は気持ちが良さそう。仕事が忙しいママですが、わが子の嬉しそうな姿を見れば疲れも吹き飛ぶもの。余裕がある時には布おむつを使い洗濯をするそうです。丈夫に作られているので洗濯を重ねても長く使えます。ふたり目の子ができた時にも使えそう。

ママに選ばれてきたバンビーノミオ

イギリスで布おむつを洗濯する会社が開発したバンビーノミオ。たくさんのおむつを洗ううちに、どんなおむつが理想なのかを追求し、積み重ねた上に生まれた布おむつ。使用感はもちろん、素材にも赤ちゃんのための吟味がなされています。通気の良い良質のコットン素材を使い、おむつ・おむつカバー生地はイギリス製のノンホルマリン、ISO認証取得工場で縫製、デザインはヨーロッパで行われています。世界各地で使われているバンビーノミオは、18回の消費者賞を受賞し、中でもイギリスの雑誌「Mother & Baby」では最も環境に優しい商品部門を3回受賞しています。


?布おむつ・紙おむつの記事・リンク集一覧へ