4歳のおねしょ、大丈夫ですか?

Q:うちの子どもは3歳でオムツが取れましたが、4歳になっても、まだ時々おねしょをします。これは治した方がいいのでしょうか?どのようにして治すのがいいのでしょうか?そもそも治せるものなのでしょうか?教えてください。

小さいうちは「気にしない」のが一番では
少々のおねしょは、「気にしない」のが一番!
A:お答えします。寝ている間に尿がでてしまうのが「おねしょ」です。産まれてすぐの赤ちゃんは「おしっこをしたい」という感覚がわかりませんから、膀胱にある程度尿がたまると無意識のうちに排尿します。これはもちろん、おねしょとは言いません。

ある程度の年齢になってきて、膀胱に尿がたまった感覚がわかるようになってくると、「尿がたまった→おしっこがしたい→排尿」という一連の流れが身に付くようになります。そうなるとオムツがはずれますが、その後もおねしょは時々起こるもの。これにはいくつかの原因があります。

おねしょの原因

おねしょの原因には、
  • 膀胱の大きさが十分でない
  • 膀胱の機能が十分発達していない
  • 夜間の尿が多い
  • 夜の睡眠が深く目覚めにくい
  • ストレス・習慣など
などが挙げられます。

一般的にこれらのことは成長に従って解決されることが多く、4~5歳になると4~5人に1人しかおねしょをしなくなります。それ以後も年齢が上がるにつれて治る子どもは増え、中学生にもなれば大部分の子どもは治ってしまいます。

4~5歳の子どもが月1回程度おねしょをするのは仕方のないことだと言えますが、6歳になっても繰り返しおねしょをするようですと生活指導などなんらかの治療が必要と考えられますので、夜尿症といいます。

>>次ページで治療法を紹介します>>