桜のつぼみがふくらみ始め、寒さの中にも春の訪れを感じるこの頃。期待感とは裏腹に、くしゃみ・鼻水・目のかゆみといった症状に悩まされ、「わが子にはこんな思いをさせたくない」と感じる花粉症のママも多いのではないでしょうか? 今回は、子どもを辛い花粉症から守るための方法をご紹介します。

子どもを花粉症にしないための9か条

お花見
免疫力を高めることも大切な要素
先日、花粉症の薬を研究する理研横浜研究所の谷口克センター長より、子どもを花粉症にしないための9か条が紹介されました。

  1. 生後早期にBCGを接種させる
  2. 幼児期からヨーグルトなど乳酸菌飲食物を摂取させる
  3. 小児期にはなるべく抗生物質を使わない
  4. 早期に託児所などに預け、細菌感染の機会を増やす
  5. 適度に不衛生な環境を維持する
  6. 猫、犬を家の中で飼育する
  7. 狭い家で、子だくさんの状態で育てる
  8. 農家で育てる
  9. 手や顔を洗う回数を少なくする

乳幼児期のかかわり方で花粉症の発症を防ぐことができるのなら、さっそく今日から始めたいところ。ですが、「えっ、不衛生!?」「なぜ農家!?」と驚かれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。これらには子どもの抵抗力を育てるさまざまな真意が隠されているのです。具体的にそれぞれを詳しく見ていきましょう。