生命保険に加入するときは、生保会社の格付けは要チェックです。

生命保険に加入するときは、生保会社の格付けは要チェックです。

生命保険は、長期にわたる契約が多いので、加入するときには、会社経営の健全性をチェックすることも大切です。格付けは、その健全性を客観的に評価する指標の1つです。どんなものか知っておきましょう。

格付けとは?

格付けの本来の意味は、物事の等級や順位を定めることですが、金融業界においては、社債などの元本・利払いの安全度合いをランク付けしてアルファベットなどで示すことを言います。格付けを行うのは、格付け機関と呼ばれている会社で、スタンダード&プアーズ(S&P)、ムーディーズ・インベスターズ・サービス(Moody‘s)、格付投資情報センター(R&I)がよく知られています。

生命保険契約の場合は、「保険財務力格付け」または「保険金支払能力」の格付けを見ます。この格付けの定義は、「保険契約に基づいた債務を滞りなく履行できる能力」です。ひらたく言うと、「保険金などを支払うと約束したことが起きたときに、約束した通りの条件でちゃんと払える能力」がどの程度かということ。なお、格付け機関では、あくまで意見を述べているにすぎず、保険会社の財務力や保険金の支払い能力を保証しているわけではありません。

保険会社の経営の健全性を評価する指標として「ソルベンシー・マージン比率」があり、この数値の公表は義務付けられていますが、格付けの取得・公表は特に義務付けられているわけではありません。ですから、取得していない会社もあります。取得・公表している会社でも、複数の格付け機関から取得している会社もあれば、1社しか取得していない会社もあります。取得・公表していないから何か問題があるわけではありませんが、取得・公表している会社の方がより客観的に評価できると言えるでしょう。

格付けの見方は次のページで