ポケットに頼もしいツール
ハイタイド「ポケットマンスリー NG」504円(税込)

ハイタイド「ポケットマンスリー NG」504円(税込)
他に色やデザインが違うものも豊富に用意されている

昔、こんな形の電話帳や住所録がありましたが、このハイタイドの「ポケットマンスリー NG」は、その名の通り、見開き1ヶ月のダイアリーです。1日1行のマンスリーですが、名刺サイズを縦に開いた紙面一杯を使っているので、意外に1行に書ける容量は多いのです。備忘録的なスケジューラとして、ポケットに常備しておくと、かなり役立ちます。

一行一日のレイアウトだが、一行の幅が広くて記入しやすい

縦に開くタイプなので、ページがめくり難いのですが、この手帳では、終わった月のページは上側の透明なスリーブに挟み込むようになっていて、常に現在の月が開きます。ちょっとした工夫ですが、これがかなり便利です。

背面はカードスリーブ付き。SUICAを入れると、ちょうどペンギンが顔を出す

また、裏表紙にはカードスリーブが用意されていて、SUICAなどのICカードや名刺を入れられるようになっています。中に入っているカードの種類が一目で分かる上に、カードの出し入れもスムーズに行える、丸い切れ込みが秀逸なアイディアです。

ペンと一緒に持ち歩くと、備忘録兼メモとして、とても重宝する

スケジューラと同じページ数のメモ帳も内蔵しているので、予定の備忘録兼メモ帳として使えます。背広の胸ポケットに入れても膨らまないスリムさで、肌身離さずに使う事が出来るわけです。ガイド納富は、サンスター文具の「バインダーボール」と組み合わせて使ってみたのですが、これがデザイン的にもピッタリで、とても満足が行くものでした。

名刺入れがそのままケースになる
Thinking Power Project「ライモン」5冊セット500円(税込)

Thinking Power Project「ライモン」5冊セット500円(税込)

Thinking Power Notebookの新作「ライモン」は、名刺サイズの大学ノート。Thinking Power Notebookも随分ラインアップが増えましたが、この「ライモン」は、中でもかなり優れたノートだと思います。細かい仕様は、従来通りの素晴らしさなので省略しますが、このサイズだけでも、とても魅力的です。何せ、全ての名刺入れが専用ケースになるんですから。「名刺と一緒に入れておいて、名刺が切れたら、これに書いて渡せばいいんですよ」と五十音の宇井野さんも絶賛です。

ハイタイドのポケットマンスリーがジョッター代わりに使える

前述のハイタイドのポケットマンスリーの裏表紙に差込めば、ジョッターの様にも使えます。いつものイラストレーターYOUCHANさんによる表紙も、ガイド納富的には今まででベストの出来だと思っています。名刺サイズというのが、こんなに融通が利く便利なサイズだったとは、という感じです。

次のページでは、ガイド納富も係わったグレンロイヤルのクオバディスカバーとNAVAのシステム手帳を紹介します。