つくづく紙モノが好きだと思う2009年の暮れ

毎年、秋が過ぎる頃から12月の初めまで、手帳についての記事を大量に書きます。そして、毎年、様々な手帳やノートに出会います。出会ってしまうと、何と言うか、その多くを好きになってしまいます。中でも、何冊かは、これを1年間使ってみたいと思うのですが、手帳は、そんなに何冊も平行して使えるものではありません。

2010年のガイド納富は、いつもの持ち歩き用にクオバディスの「プレーン」、仕事の管理にハイタイドの「B6 BLOCK NY TYPE」、あとバックアップ的に「ほぼ日手帳」の三冊使いで行く予定で、しかも、それらの手帳は既にガイド記事でも取り上げるほど気に入っているのですが、それでも、使ってみたいと思う手帳や手帳カバーはいくつもあります。

ノートも、基本的にはThinking Power NotebookのA5横のタイプと、マルマン「ニーモシネ・イマジネーション」、メモ用にThinking Power Notebookの「ディンブル・ナイトアンドデイ」を常用しているのですが、やはり手帳同様、次々と使ってみたいものが出てきます。それらの中から、特にお勧めしたい手帳とノートをまとめて紹介します。

旅には必ず持っていきたい
吉川弘文館「歴史手帳」900円(税込)

吉川弘文館「歴史手帳」900円(税込)
帯は坂本龍馬だ。

実は毎年購入している「歴史手帳」は、ほんとお勧めです。ルックスは昔ながらの、会社で配られていたようなデザインですが、このルックスも今見ると意外に新鮮です。小口が紺に塗られているのも、何となく懐かしい感じです。手帳の機能としては、一週間見開きのレフト型。左側に一週間の予定を書く欄があって、右側はメモ欄になっています。

左がスケジューラ、右はその週に行われる年中行事付きのメモ欄

しかし、普通の手帳と違うのはここから。そのメモ欄には、その週に行われる全国の年中行事やお祭りがギッシリ書き込まれているのです。壬生大念仏狂言のような有名なものから、佐賀松原神社祭(ガイド納富の地元のお祭りです)のような、小さなものまで、いつ何処で行われるかが一目で分かります。旅の予定などを組んでいる時に、思わぬ祭りを発見することもあります。

仏像や、建造物の名称も図入りで解説されている

さらに、世界年表を始めとする、あらゆる歴史資料や、仏像、建築物の名称、年代表、国宝・史跡・名勝一覧に文化施設一覧などなど、旅のお供には最高の資料満載。紙は薄いけれど、万年筆でも裏抜けしないし価格も手頃。かなりの名作手帳だと思うのです。

仕事ややりたいことを長期スパンで管理
モレスキン「プロジェクト・プランナー」1575円(税込)

既に完売の「カラーダイアリーボックス」は、1ケ月1冊という独特なセット

実は、今年のモレスキンの新作手帳の中で、最も気に入っているのは、1ヶ月に1冊、1日1ページの手帳が12冊セットになっている「カラーダイアリーボックス」なのですが、この手帳、既に品切れだそうで、紹介しづらい感じになってしまいました。1日1ページの手帳は、どうしても厚くなってしまうため、ならばいっそ分冊にしてしまえという潔さが面白くも使いやすい、そんな手帳です。

自由度の高いレイアウトが魅力的。2~3冊持ち歩いても軽量で場所をとらない

品切れといっても、店頭在庫が残っている場合もあるので、探せば、まだ見つかるかも知れません(ガイド納富も都内の文具店で発見しました)。

モレスキン「プロジェクト・プランナー」1575円(税込)

それで、次点といっては何ですが、もう一冊、これは既に使い始めているのですが、長いスパンの仕事やプロジェクトを管理できる「プロジェクト・プランナー」を紹介します。この手帳、蛇腹式で1年分が繋がっているタイプなのですが、このタイプの手帳で、ここまでコンパクトなのは珍しいと思うのです。

一年間が一枚の紙になっているが、蛇腹に折られていてコンパクトに持ち歩ける

しかも、紙がちょっと厚手で、太い水性ボールペンでも全く裏抜けしないため、プロジェクトの進行状況をマーカーで色分けしたりすることも可能。それがポケットに入るわけで、一年という長い時間をスッキリと見通せる手帳になっています。

1日1行の1ページ1ケ月の月間ダイアリーも付いていて、細かい予定の管理も可能

裏側には、1ヶ月1ページの月間スケジューラも搭載。1行1日というフォーマットは、とても使いやすく(ガイド納富愛用のクオバディス「プレーン」懐中雑誌ぱなしと同じ仕様ですね)、紙が厚くて丈夫なので、何千回と見返すことになってもへたりません。使ってると、つくづく良さが分かる手帳です。

次のページではハイタイドのポケット手帳Thinking Power Notebookの新作などを紹介します