メモの原点回帰としての75周年記念「No.10」


今年、2009年、ロディアがブランド生誕75周年を迎えるのだそうです。機能とデザイン、紙質などが高い次元でバランス良くまとまっているブロックメモの使い勝手の良さや、モノとしての魅力は、その人気が証明しています。今では色んな製品を用意しているロディアですが、やはり、その中心になる製品は、メモ帳、ノートパッドとしてのブロックメモのシリーズでしょう。

ロディア「ブロックメモ No10」各色164円(税込)

そんなロディアが75周年記念モデルとして限定販売するのは「ブロックメモ No10」。本社ではnanopadと呼んでいるという、小さなメモパッドです。その大きさは、今まで最も小さかったロディアNo11の半分。5.2×7.5cmの手のひらにスッポリ収まる小ささです。このサイズならポケットに入れても邪魔にならず、歩行中にでも気がついたことをサッと記入出来ます。連絡先などを書いて相手に渡すのにもちょうど良い大きさでしょう。

「No10」のサイズはポケットサイズの「No11」のちょうど半分

ガイド納富は、ロディアのメモの一番の魅力は、同じ機能、同じ紙質、同じフォーマット、同じデザインのメモ帳が、あらゆるサイズで揃っていることだと思っています。最近、使いやすいと思って注目している、マルマンの「ニーモシネ」シリーズや、ツバメノートの「Thinking Power Notebook」シリーズも、同一フォーマットで様々な大きさを揃えることで、同じ感覚で、アイディアの規模を変えていけたり、メモのような情報の断片を、最終的にまとめあげるという思考を支援してくれたりするのですが、その発想を早くから実現しているのがロディアだったと思うのです。

半分、四分の一のサイズで作られているロディアブロックメモのラインナップ

そんなロディアで、今、身に着ける感覚のメモ帳が注目を集めている。個人の小さなアイディアがビジネスを変えていく時代に、身に着けられるような小さなメモパッドを発売するのですから、流石、ロディアはメモのメーカーなのだなあと思うのです。実際、今回の「No10」について、ロディア側も、メモの原点に立ち返ったモデルという位置付けをしているのだそうです。

ナノパッド「No10」の使い勝手を検証する

手のひらにすっぽり収まるコンパクトサイズ

使ってみると、今まで、このサイズが無かったのが不思議に感じるくらい、本来のロディアとしての使い方が出来ます。常に書ける紙が露出しているメモ帳であること、書いたメモは簡単に切り離せること、立ったままでもスムーズに書けること、といったロディアのメリットは、メモ全体をしっかりとホールディング出来て、ちょっとしたメモくらいしか入らないサイズの紙面の、この小さなサイズでこそ活きるように思いました。

トライアングルクリップで表紙を留めると、より使いやすくなる

ただ、あまりに小さいため、後に折り返した表紙が上手く落ち着いてくれません。そこでガイド納富は、表紙の紙を裏表紙に留めるために、ヤマザキ・デザインワークスの「トライアングルクリップ」を使ってみました。この一見、ちょっと形が変わったクリップにしか見えない製品は、50枚以上の紙を留める事が出来る優れ物。未使用のロディアNo10も簡単に留める事が出来ます。

トライアングルクリップを使えば、書いたメモの収納場所もできる

このクリップで留めておくと、いつでもすぐに取り出して書けるようになりますし、書いたメモを、一時的な退避場所として裏側に差込んでおくことも出来て一石二鳥でした。クリップを付けた状態でも、メモを切り離すことが出来るので、機能を損なうこともありません。

「No10」の専用什器。コンパクトさが強調された良いデザインだ

一部、既に先行販売していた所もありますが、正式な発売は4月中旬からだそうです。また、一応限定販売なのですが、評判が良ければレギュラーの商品になる可能性もあるということですので、皆でガンガン買ってレギュラー商品にしちゃいましょう。価格的には一冊164円と、No11(189円)とあまり変わらない値段ですが、小さいからこそのメリットも多いので、それほど高くは感じられないと思います。サイズバランスが良いので、実物を見ると、そのモノとしての魅力にやられてしまう、という事もありそうです(ガイド納富はそうでした)。