一年中、見続けるものとしてのカレンダー

野方電機工業デザインプロダクト部
「LUNA-SELENOGRAPHIC CHART 月面カレンダー」
2,625円(税込)

カレンダーを選ぶというのは、その一年間の部屋の雰囲気を決めるということでもあります。なので適当に選ぶと、3月くらいには既にイヤになっていたりするので注意が必要です。そのため当たり障りがない無難なデザインのものを選択したり、単に書き込むスペースが多いというだけのものを選んだりという人も多いようです。

しかし当然ながら、カレンダーを作る方も、様々なアイディアを考え出し、きちんとデザインして、一年間どころか、その年が終わっても使い続けたいと思われるようなカレンダーを目指して毎年、様々なカレンダーを送りだしています。

町工場の手による職人的こだわりとデザイン性の融合

蓄光インクによる印刷で、月面とカレンダー部分が光る

まずご紹介したいのが、野方電機工業のデザインプロダクト部が製作する「Lbtb」シリーズと呼ばれる一連のポスタータイプのカレンダー。中でも、蓄光性のある特殊なインクを使用したタイプは、昼も夜も楽しめるので、ポスタータイプのカレンダーにありがちな単調な感じがありません。

その一例が、「LUNA-SELENOGRAPHIC CHART 月面カレンダー」です。A2サイズでドアなどにも貼れる小振りなポスター型カレンダーですが、その精密な月面図や、月の満ち欠けの図もついたカレンダー部分が、日中の光を蓄えることで、暗い部屋の中でぼんやりと光ります。

月は毎晩見るせいか、カレンダーになっていても見飽きることがなく、さらにクレーターの名前や地名が印刷されているので、細かく見ると様々な発見があります。カレンダー部分も月齢が一目で分かる上に表示が見易く、使いやすいものに仕上がっています。写真でも分かると思いますが、蓄光インクは優秀で、かなり光るのが愉しいのです。

野方電機工業デザインプロダクト部
「THE TABLE OF 88 CONSTELLATIONS
全天88星図カレンダー」
3,150円(税込)

職人気質の電機メーカーがデザイナーと印刷屋と組んで作るカレンダーは、最新の印刷技術や、デザインに適した紙の選択、月面図や世界地図など、毎年使えるデザインの選択など、良いカレンダーを本気で作ろうとする姿勢が感じられます。実際、ここまで本気で作られた感じのするカレンダーには中々出会えません。

カレンダー部分には日付のほかに月齢も表示

上の写真で紹介しているTHE TABLE OF 88 CONSTELLATIONS 全天88星図カレンダー」にしても、一枚のポスターに南北両方の空にある88の星座を配置。星座や星の名前を日本語・英語の両方で知ることが出来ます。星はその明るさによって蓄光インクの分量が変えてあるので、まるで実際の空のように、明るい星は明るく、暗い星は儚く光るようになっているのです。A1という大きなサイズは迫力があって、部屋の中に星空を持ち込んだような気持ちよさです。

野方電機工業デザインプロダクト部
「NIGHT PLANET 夜景地図カレンダー」
3,150円(税込)

デザイン面では、部屋に貼っていて邪魔になりにくい世界地図をモチーフにしたものをいくつも作っていることも、野方電機工業の「Lbtb」シリーズの特徴でしょう。中でもガイド納富は、衛星から見た地球の夜を世界地図上で再現した「NIGHT PLANET 夜景地図カレンダー」がお勧め。夜の地球の明るい部分が分かるということは、部屋を暗くすれば、一目でエネルギーの大量消費が行われている場所が分かるということでもあります。また火力、水力、原子力の各発電所の位置も記されていて、キレイなだけではない面白さ興味深さが含まれているのです。

人工衛星から見た地球の夜景が再現される

この夜景カレンダーやアルミ加工紙にカラー印刷した「気候帯域カレンダー」(4,200円)は、ちょっと大陸が縦長く見えますが、これは大陸の面積を正確に記すためで、この描き方を「正積図法」と呼びます。一方で、一番人気とも言われている、まるで古地図のようなセピア調の紙にメルカトル図法で描かれた世界地図が美しい「文化と遺跡カレンダー」(2,625円)や、学習やビジネスに使えるベーシックな「世界地図カレンダー」(2,625円)などもあり、それぞれに魅力的な世界地図になっています。

野方電機工業デザインプロダクト部
「BUDDHIST CYCLE 六曜カレンダー」
2,625円(税込)
六曜を記号化して月齢と共に表示する

ガイド納富が個人的に好きなのが、六曜を月齢に似た記号にすることで、まるで月齢と日付と六曜のマンダラみたいなデザインになっている「BUDDHIST CYCLE 六曜カレンダー」です。モノトーンでまとめられたシンプルなデザイン(2006年版は朱色でしたが)に必要な情報がまとめられたコンパクトな感じと、数字や月齢記号が何か秘密の暗号のようにも見える配置、そしてA2サイズの手軽さと、何より1年1枚タイプで六曜が付いている便利さが魅力です。

次のページでは、ガイド納富が見つけた一ヶ月タイプ、日めくりタイプの名作を紹介