バッテリー切れと持ち運べる電源のこと

バード電子「DC-Pod」9,870円(税込)
写真のiPod用ケーブルは付属します

携帯電話、iPod、PSP、京ぽんにMDウォークマン、デジカメなどなど。私たちが日常的に持ち歩いて、生活になくてはならないものだけど、バッテリーが切れるとタダの荷物になってしまうものが、とても増えています。ちょっとの油断で「充電忘れたー」となってしまうのは、ガイド納富だけの話ではないと思うのです(または、思いたいのです)。

そんなガイド納富のような人のために、世間では乾電池を使ってバッテリー切れの携帯電話を一時的に使えるようにしたり、充電したりするバッテリーボックスのようなものが売られています。それらのほとんどは、乾電池を直列に繋いだだけの、やや強引なものが多く、それだけに乾電池二本を使った携帯電話専用のものがほとんど。そうでなくても、iPod用なども3000円くらいで売ってはいるのですが、やはり乾電池を直列に繋いだだけのものでは、電圧が安定しないし、機器の破損の危険もあり、安心して使えるとは言いにくいものが多いのです。

そういう現状を踏まえて、バード電子が発売したのが、「DC-Pod」というバッテリーボックス。この製品は単三乾電池4本を使って、DC5Vの安定した電源が得られるもの。業務用のDC/DCコンバーターを採用し、多少弱った電池を使っても安定した電気の供給が出来る上に、万が一の乾電池の異常にはヒューズによる保護機構が働き、出力側の異常にも過電流保護回路で対応するなど安全面への配慮も行き届いているのです。

携帯電話、iPod、PSPなど様々な機器に対応

FOMAなど携帯電話の充電・予備電源としても使える

この「DC-Pod」は、基本的にはドックコネクタを持つiPod及びiPod shuffle用の外部バッテリーとして製作されました。そのため、iPodを接続するショートケーブルが付属しています。このケーブルは、実はそのままiPod用のACアダプタを繋ぐケーブルとして、またiPodとパソコンを繋ぐUSBケーブルとしても使える便利モノ。iPodに付属するケーブルは長いので、この「DC-Pod」に付属するケーブルはそれだけでも重宝します。

しかし、それだけではありません。「DC-Pod」はUSB端子に電気を供給するバッテリーボックスなので、5V前後の電圧で動く機器で、USB⇔DC電源のケーブルがあれば、iPod以外の機器にも使えるのです。ガイド納富の身近にあるものだけでも、対応するケーブルさえ購入すれば、携帯電話(MOVA、FOMA、au、Vodafone)、京ぽん、PSP、一部の小型デジカメ、小型のアンプ、ニンテンドーDS、ゲームボーイ・アドバンスSPなどで利用することが出来ます。

しかも、携帯電話やiPodの場合、そのケーブルはパソコンとの接続用にも使えるわけで一石二鳥。しかも、iPod用のACアダプターと、それらのケーブルを組み合わせれば、AC電源からの充電も可能になります。つまり、旅行などの際に、この「DC-Pod」と各種対応ケーブルとiPod用ACアダプターを持っていけば、身の回りのバッテリー充電が必要な機器の電源については何の心配も要らないのです。いくつものACアダプターを持ち歩く必要がない上に、移動中の充電まで出来るのです。

乾電池を無駄なく使い切るエコロジー的バッテリー

業務用のDC/DCコンバーターによる安定した電力供給

この「DC-Pod」が、他のバッテリーボックスや外部電源と大きく違うのは、乾電池を無駄なく利用できることです。例えばデジカメやMDプレイヤーなどに使われている乾電池は、ある程度電圧が下がると動作が不安定になるため、バッテリー切れ警告が出て交換することになります。しかし、その乾電池は多少電圧が下がっているものの、まだ十分の電気が残っています。そのような乾電池を「DC-Pod」に入れれば、その残りもしっかりと使ってくれます。MDレコーダー用に使った乾電池を4本入れたところ、iPod nanoを1回分、フル充電することが出来ました。

弱った電池もきちんと使い切ってくれるということは、普通に新品の乾電池を使った場合も、動作時間が長いということです。アルカリ単三乾電池4本でiPodなら24時間(ビデオなら7時間)の連続再生が可能ですし、PSPもビデオ再生で6時間ほどの連続使用が可能でした。これは、通常の外部バッテリーの場合、乾電池6本分に相当する時間です。また、アルカリ乾電池だけでなく、マンガン、ニッケル水素、オキシライドなどの乾電池にも対応。充電式のニッケル水素乾電池を効率良く使うことも出来るわけです。


ガイド納富の「こだわりチェック」

調べてみると、USB⇔電源のケーブルは、かなり沢山用意されているようです。以下のリストはその一例です。

FOMA・vodafone 3G
・オズマ株式会社「USBケーブルチャージャー BCU-75F」580円

ac CDMA 1x/WIN
・エレコム「MPA-BCWINUSB/BK」

WILCOM
・エレコム「MPA-BCWILUSB/BK 」

京ぽん
・エレコム「USB-RL08」1554円

PSP、一部のデジカメなど
・Arvel「PWC-100」819円

ニンテンドーDS、ゲームボーイアドバンスSP
・サイバーガジェット「CV-UBDS-BK」810円

その他、携帯電話とパソコンを繋ぐケーブルも使えますし、市販のiPod用接続ケーブルも利用できます。最近は、ケーブルが巻き取り式になっているものなど、コンパクトにまとまるものが増えていますし、USBケーブルの一部は100円ショップで見つかることもあります。これらのケーブルと、「DC-Pod」があれば、外出先や緊急時のバッテリー切れに悩まされることは、ほとんどありません。

ちょうどiPodくらいの大きさで、アルミ素材を活かしたシャープなデザインは機械好きの血が騒ぐデザインです。シンプルな形ですから、好きなシールなどを貼り付けて使うのも良いでしょう。海外旅行や長期間の外出、キャンプ、コンセントが取れない場所でのiPodやPSPの長時間利用など、この「DC-Pod」が一台あるだけで、生活の幅がかなり広がります。

ただし特殊な製品ですので、バード電子でも、初期ロットはかなり少ないようです。購入を希望の方は、早めに注文しないとなくなってしまうかも知れません。


<関連リンク>

バード電子「DC-Pod」の解説と購入ページ
大電流型の長時間バッテリー「大電流 乾電池パック」はこちら

iPod用ACアダプターの購入はこちら


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。