年末チャネル横断コラボ企画!
当サイトでは「普段遣いボールペン(2000円以内)」ベスト5

色々なことがあった2005年、そして新しく迎える2006年も様々な事が起りそうです。あまりにも多くの情報に埋もれないためにも、何が本当にオススメなのかチェックしておきましょう。ガイド32名のコラボレーションによるランキング形式で、わかりやすくご紹介します!>>ランキング記事一覧はこちら

ガイド納富が選んだテーマは、普段遣いボールペン(2000円以内)のベスト5。日常の筆記に使うボールペンにどんなものを使うかというのは、中々難しい問題です。あまり高級なものでは、なくしたり壊したりした時のダメージが大きいし、気軽に人に貸すことも出来ません。だからといって、大人としては100円ボールペンというのも寂しいものです。

普段遣いのペンは、常に身近に置いていたり身に着けたりするものだから、出来れば気に入ったものを持ちたいのです。出来れば長く使えるリフィル交換タイプ、価格はなくしても痛くないギリギリの線を考えると、2000円以内(税別)というあたりが適当ではないでしょうか。


「普段遣いボールペン」選択のポイント

選択のポイントは書き心地とデザイン。そのあたりを意識しながらガイド納富は色んなペンを試していました。それで気がついたのは、この価格帯でデザインが良いペンは、ペリカン、カランダッシュ、ラミーなどの、老舗の筆記具メーカーのものに多いこと。国産のペンは機能には優れながら、デザインが良いものは価格が高くなってしまうこと。

特にこの一年、かなり意識して2000円以内のボールペンを使い比べてきました。その中で選んだ5本を紹介しようと思います。この5本は、それぞれに良い所があり、どれが一番というようなものではありません。個人的に一番好きというのはありますが(それは最後にお知らせします)、それはもう好き好きの世界。この5本から選べば、普段遣いに申し分ないと思うのです。

というわけで今回は、まずはあえて順位はつけず“ガイド納富が厳選した5本”ということでご紹介、最後にガイド納富のランキングを発表したいと思います。



Tipoのガイド記事はこちら

それでは早速次のページから、ガイド厳選!普段使いボールペンを発表します。