必要最小限を選んで入れる財布

鞄工房土屋 「ロウ引きヌメ革製三方ファスナー」
価格3,990円(税込)

ポケットや物入れが豊富に用意されていて収納力の高い鞄は、本当に便利なのですが、便利過ぎてついモノをいっぱいに詰め込んでしまいがちです。それはそれで、様々な物を持ち歩けて嬉しいのですが、鞄に入ってしまうから持ち歩いてしまう、もしかしたら必要かも知れないもの、も沢山ありますよね。財布も同じで、大振りのカードなども沢山収納出来る財布は、オールインワンの魅力もあり、使い勝手も良いのですが、「これは本来財布に入れるものなのだろうか」というものまで財布に詰め込んで、パンパンになっていることもあります。

しかし、いつも全てを入れて持ち歩く必要はないはずなのです。特に財布の中には、滅多に行かない店のカードとか、念のため持っているメインではないクレジットカードとか、古いメモとか、もはや何故そこに入っているのか分からないものまで、色々なものが入っていたりします。そのせいか、その中身をスッキリさせて、必要最小限のモノだけが入っている財布が、実は凄く使いやすいということを忘れていたりするのです。

使いやすい財布、見た目にもスマートな財布を取り戻すのに最適なものの一つが、この、いわゆる「三方ファスナー」と言われるタイプの財布です。この形の財布は、あまり多くは見かけないのですが、昔から財布のパターンの一つとして使った人には愛用されているもの。ガイド納富も一度使ってみたいと思っていたのですが、ちょうど、鞄工房土屋さんで、ロウ引きヌメ革の質感を試せるアイテムとして、リーズナブルな価格で三方ファスナーを販売していることを知り、早速購入してみました。

大きく開いて内部が見渡せることの使いやすさ

扇型に大きく開くため取り出し収納が楽々

サイズは名刺入れとほぼ同じくらい。ファスナーを閉じた状態での厚みは1cm少し。この大きさでは普段財布に入れているもの全ては入りません。内部は三つの部屋に分かれていて、さらに薄いポケットが一つ。表にもポケットが用意されています。ガイド納富は、部屋の一つに小銭を、もう一つにカード類を、もう一つにお札を入れて使ってみました。カードはメインのクレジットカードを薄いポケットに、あと某店のポイントカード、名刺、レンタルビデオの会員カードを入れ、表のポケットにパスネットのカードを入れました。

ファスナーを閉じれば、すっきりとしたフォルムに収まり、そのままポケットに入れても服の形が崩れることもありません。サイズが小さいので、すぐいっぱいになってしまうのですが、ファスナーで全体を閉じるため、中のものが溢れたりこぼれたりする心配もありません。取り出す時も扇型に開くマチがしっかりしていて、しかもかなり大きく開くので、内容物が取り出しやすく、それでいて、やはり中の物がこぼれる心配はありません。

さすがにお札は四つ折りにして入れる必要がありますし、そう何枚も入れておくことは出来ません。カードも入れられて4枚程度です。しかし、それらは本当にキレイに収まりますし、小銭やお札の取り出しやすさや、お釣りなどをもらった時の戻しやすさは、ちょっと感動的です。大きく開くから、そこにザラっと小銭を流しこみ、お札はさっと畳みさえすれば、あとは突っ込むだけです。大きめのノブが付いたファスナーは開閉もスムーズでストレスがありません。


ガイド納富の「こだわりチェック」

ガイド納富の使用例。小銭の扱いやすさは感動的

過剰な物を持ち歩かず、内容を厳選しミニマムな財布を持ち歩くのは、それだけで快感でもあります。特に、休日のちょっとした外出や散歩、旅行中など、財布が軽いだけで気持ち良くなれます。それでいて、使いやすく、機能的なので言うことありません。

今回、ガイド納富が使った鞄工房土屋の三方ファスナーの素材は、ロウ引きヌメ革という、丁寧に鞣されたヌメ革にロウを塗り込んだもの。使っている間にロウが革に染み込んで、通常のヌメ革の経年変化とは一味違った味わいになっていくというものだそうです。ロウ引きのヌメ革は、中のマチの部分にも使われています。使い続けて味が出た三方ファスナーは、普通の財布以上に、使う人のこだわりを反映したツールになってくれるはずです。

小銭入れとしてだけ使うというのも面白そうです。三つの部屋を1円&5円用、10円&50円用、100円&500円用、と分けて使ったり、外貨と日本円に分けてみたり。緊急用の小銭やカード類をまとめて入れておくのも良いかもしれません。

いずれにせよ、このスマートなムードとさりげなさは、大きな財布では味わえない物。しかも内容も自らが厳選しているわけで、そういうスッキリしたこだわりを「粋」と呼ぶのではないかと思うのです。


今回ご紹介の
鞄工房土屋 「ロウ引きヌメ革製三方ファスナー」のご購入は以下のサイトからどうぞ。

鞄工房土屋の「ロウ引きヌメ革製三方ファスナーの紹介・購入ページ」

<商品問い合わせ先>

鞄工房土屋

〒121-0061 東京都足立区花畑1-33-23
TEL:03-3884-9774 FAX:03-3884-6701
e-mail:r-info@tsuchiya-kaban.com


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。