実用的かつ良心的

1931 トノー ムーンフェイズ
1931 トノー ムーンフェイズ
自動巻き、ステンレススティールケース
34万6500円

時計本来の良き味わいを保ちながら、実用的な機能を一つか二つ加え、なおかつ相応の良心価格を実現しているのがルイ・エラール。斬新なトレンド感や高度な複雑機能が過剰に際立ち、価格も手が届かないモデルが多い中、これなら時計好きにも近づきやすい。

まず注目されるのが、ルイ・エラール初のトノーケースの登場だ。角形ケースの左右のラインを緩やかにふくらませた、いわゆる「樽型」のフォルムは、腕時計草創期の1920年代から30年代に流行し、機械式時計が復活した1990年代から再び脚光を浴びるようになった。単純なラウンドや厳格な角形に比べ、美しい曲線に包まれたトノーは、独特の優雅な表情がなんといっても魅力的である。

1931 トノー GMT ビッグデイト
1931 トノー GMT ビッグデイト
自動巻き、ステンレススティールケース
31万5000円

新作のトノーモデルは、「1931 トノー ムーンフェイズ」と「1931 トノー GMT ビッグデイト」の二種類。前者は、ポインターデイトによる日付と小窓による曜日・12か月名表示を備えるトリプルカレンダー機能とムーンフェイズを特徴とするが、その機構や表示スタイルはまさに戦前の高級複雑腕時計を彷彿させる。楔形インデックスや剣型針といったヴィンテージライクなディテールなども、トノーケースと相まって、味わいを深めている。

後者は、大きなサブダイヤルで別地域の時刻を表示するGMT機能が印象的。ちょうど、二つの時計を一つの文字盤に収めたデュアルタイムのイメージだ。副時針とともに分針も備えるGMTは珍しい部類に入るが、表示が直感的でわかりやすく、使い勝手も良い。どちらのモデルも、価格は30万円台前半。魅力的な実用機能も加えてこの価格は、間違いなくお買い得といえるだろう。