ユーザーフレンドリーなモデルもラインナップ

多少でも腕時計に関心のある方なら、パネライの名をご存じだろう。19世紀後半にイタリアのフィレンツェに精密機器メーカーとして発祥したパネライは、20世紀前半にイタリア海軍特殊部隊のために「ラジオミール」と「ルミノール」という腕時計を製作したことで知られる。

現代の時計ブランドとして1997年に新たにスタートして以来、これら二つを軸にして魅力的なバリエーションを展開し、わずか10年で急成長を遂げた。当初は特異なデザインが脚光を浴び、大型腕時計のパイオニアとしてブームをリードしたパネライだが、最近では、とりわけムーブメントの自社開発に力を注ぎ、本物志向の機械式時計にますます磨きがかかってきた。

パネライ「ルミノール クロノ 40mm」
パネライ「ルミノール クロノ 40mm」。自動巻きクロノグラフ。ステンレススティール。90万3000円

ジュネーブの国際的な時計展示会SIHHでは、今年も話題作は少なくなく。とても全部を紹介するスペースはないが、いくつか興味深いモデルを選んでみた。まずは、「ルミノール クロノ 40mm」。パネライとしては久々の40mmケースでの新作である。初期のコレクションにも40mmケースのモデルは存在していたのだが、やはり個性が大胆に際立つスタンダードな44mmケースのほうに人気が集中していた感があった。

しかし、こうしてあらためて見ると、40mmは手首に無理なくフィットし、なおかつパネライらしい存在感も申し分なく、程良いバランスだ。手首が細い男性や、あるいは女性にも楽しめる。独特のリューズガードやプッシュボタンのデザインも新しいし、クロノグラフとはいえ、機能が目立たないほど控えめなデザインも秀逸だ。オールラウンドに使えるモデルだろう。

パネライ「ルミノール GMT 44mm ニューブレスレット」
換装可能な新タイプのブレスレットが付いた、パネライ「ルミノール GMT 44mm ニューブレスレット」。自動巻き。ステンレススティール。88万2000円
今年のパネライのコレクションでは、新しいデザインのメタル・ブレスレットも見逃せない。以前のモデルだとリューズガードのモチーフを用いた、ケース一体型の複雑な構造のブレスレットが組み合わされており、ブレスレットとレザー・ストラップを相互に付け替えることができなかったが、新タイプではそれが初めて可能になった。さらにブレスレットのコマの一つ一つがシンプルでしっかりした造りながら、動きはじつに滑らで手首へのフィット感が良いのも特徴である。先の40mmケースを採用したモデルにしても、このニューブレスレットにしても、ユーザーフレンドリーな発想で作られているのが嬉しい。


チタン・モデルは次ページ