盛況ぶりが記録更新に表れている

バーゼル内観バーゼル外観
スイス・バーゼル市で開かれる世界最大規模の時計見本市「バーゼルワールド」

今年の「バーゼルワールド」は、4月3日から10日、ジュネーブで開催される「SIHH=国際高級時計展」は4月7日から12日の日程で行われた。バーゼルの出展社数は2087(時計と宝飾合わせて)、会期中のビジターは10万6800人に達し、前年比5%増で記録を更新。一方のジュネーブは出展社数16、会期中のビジターは1万4000人、前年比8%増でこちらも記録を更新(データ出典:Fondation de la Haute Horlogerie が発行するニュースレター)。スイス時計展示会に毎年足を運ぶようになって通算15回目になるが、2000年以降、両会場を訪れる人の数が年々増えているのが確実に実感できる。

SIHH
通称「ジュネーブサロン」のSIHHは、バーゼルと比べると客層も雰囲気もぐっとエクスクルーシブ
WPHH
フランク・ミュラー率いるウォッチランドグループは、ジュネーブの自社屋で展示を行う
全体的な規模の拡大も目立つ。バーゼルでは今年から従来の宝飾ブランドの展示館にまで時計ブランドのブースが多数出展するようになったのがその一つ。ジュネーブは、SIHHの会場外で独自に開催される展示会も目立っている。社屋で新作を発表するフランク・ミュラー・グループのWPHH(全9ブランド)、F.P.ジュルヌやボヴェ、高級ホテルを利用するリシャール・ミル、アントワーヌ・プレジウソ、ブシュロン、ルイ・ヴィトン、あるいは新進独立系ブランドなどだ。こうした独自開催の流れはますます拡大すると予想される。

今年の傾向は次ページ