メンテナンスを受ける前に知っておきたいこと

説明書
時計の取り扱い説明書には操作方法だけでなく、保証やサービスについても細かく記されている
防水チェック
ダイバーズウォッチならば、定期的に防水機能のチェックを行いたい
まず時計の取り扱い説明書を開いて、保証とアフターサービスの項目に目を通していただきたい。保証の対象外となるような乱暴かつ不正な使い方をする人はいないだろうが、それをわざわざ説明しているのは、先に述べたように、時計が高度な精密機器であるからだ。

しかし、どのような環境で、どれほどの頻度で時計を使うと性能に影響があるのかは、一概に言えない。一般的な機械式時計はもちろんだが、頑強なスポーツウォッチであっても、激しい衝撃や、極度の高温ないし低温、あるいは急激な温度変化、それから水圧、磁気など、ムーブメントに好ましくない外因には気を付けなくてはならない。

ちなみに防水性だが、パッキンの自然劣化やねじ込み式リューズの摩耗は、防水機能の低下を招く。本格ダイバーズウォッチの場合、潜水に使用する前に、所定の防水機能が維持されているかを検査するようにメーカーが勧めているのは、水中での故障や事故を未然に防ぐためだ。

調整シーン
オーバーホール時には分解洗浄だけでなく、精度の調整も行う

メンテナンスを受ける前に、ネットのサイトを利用するなどして、アフターサービスの概要を知っておくと便利。一例として、ブライトリングのサイト「STUDIO BREITLING.com」が勧めだ。ここはスイス・ブライトリング社公認の正規メンテナンスサービスの拠点。機械式時計の仕組みや日常の手入れ、オーバーホールの実際などが懇切丁寧に紹介されていて、じつに内容が充実している。現場で時計と向き合う技術者たちのコラムも参考になる。

ブラントリングでは、メンテナンスの目安は3~4年毎を理想としているが、この期間は他のメーカーの場合もだいたい同じ。愛用の機械式時計が、購入から年月が経過しているなら、メンテナンスを真剣に考えるべきだろう。たしかに、ある程度の費用は覚悟しなくてはならないが。

STUDIO BREITLING.com

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。