手軽さ/気軽さも備えたスポーツカーの代名詞“911”

ポルシェ911カレラS
'08年に直噴エンジンや2ペダルMTのPDKなどを搭載するなど、さらに進化したポルシェ911(タイプ997)。写真は3.8リッターエンジンを搭載したカレラS

911に乗ると、いつも感じることがある。それは、ちょっと失礼だけれども、手軽さ/気楽さ、だ。お気軽だなんて、世界一人気のスポーツカーには似つかわしくないかもしれないが、逆に、その感覚こそが911を世界一にしたんじゃないか。そう思ったりもする。

ポルシェ911と言えば、確かにスポーツカーの代名詞だ。そこには、ナローの思い出からスーパーカーブームの早瀬左近、ル・マンの栄光、湾岸ミッドナイトまで、人それぞれにいろんな思い入れがあると思う。とはいえ、幸運にも手に入れた多くの人が、そのイメージを浮かべつつ、実際には日常のアシとして使い倒せることに感動しているんじゃないか。もちろん、GT3やGT2といった特殊な911を除いて。

今回はカレラSと過ごしてみた。イエローの911、毎日乗るにはちょっと派手かなと思ったが、初日にしてせっかく911に乗るんだから目立つ色の方がいいと思うように。そういや、前に乗った赤いのも気分が良かった。人気は黒白銀だけど、これから乗る人には是非、派手めの色をオススメしたい。なんかね、一日のウキウキ度が違うよ。

都内で乗ったカレラSについては次ページ