長い冬を終え、ツーリングに最適な春がやってきました! とはいえ、東北地方や山間部などはまだ道が凍結する恐れがあり、ツーリングで訪れることが難しい場所もあります。そこでこの時期のツーリングにオススメなのが、温暖な三浦半島。南端に位置する三崎には、マグロ料理をおいしくいただけるお店がたくさんあります。今回はその中から、絶品のマグロ料理を味わえる4軒を厳選してお届けしましょう。

ちなみに三崎へのアクセスは、横浜横須賀道路を経由して三浦半島を縦断し、終点手前の衣笠ICから三浦縦貫道を南西へ走ります。都内であれば、小1時間で着くことが可能です。

10食限定! 行列必至のテンコ盛り中落ち丼
「まぐろ丼専門店 ぢんげる」

中落ち丼
その量と新鮮なマグロの旨さにビックリ! ぜひ開店前に並んでいただきたい一品
中落ち丼 630円
写真の通りボリューム満点の「中落ち丼」が名物のまぐろ丼専門店「ぢんげる」。このテンコ盛りにされた中落ちは、三崎で水揚げされた新鮮なマグロの中骨部を利用しています。まさに、赤身好きにはたまらない一品。1日につき限定10食で、開店前から行列ができるのも納得です。

また、マグロ中心にさまざまな食感や味を楽しめる「満足丼」も好評。こちらは、たとえば中トロ・ホタテ・エビのように自分好みのトッピングを選ぶことができます。これら人気メニューのほかにも脂がしっかりのった「上すき身丼(830円)」などがあり、マグロを贅沢に使った丼料理がリーズナブルに味わえるのが魅力です。

○まぐろ丼専門店 ぢんげる
住所:神奈川県三浦市南下浦町金田1612-8
営業時間:AM11:00~PM8:00
定休日:月曜、第3火曜

元漁師の主人が厳選した極上のクロマグロを味わう
「鮨処 たち吉」

おすすめ鮨
おすすめ鮨は、トロ2カン、赤身2カンに旬の地魚4カンと小鉢が付く。シャリには新潟産コシヒカリを使用
おすすめ鮨 3,000円
続いてご紹介するのは、元漁師の主人が厳選したネタが評判の「鮨処 たち吉」。北部大西洋で獲れるクロマグロは、脂がたっぷりのって濃厚な味わいです。マグロ4カンに三浦半島の近海で揚がる新鮮な旬の地魚が入った「おすすめ鮨」は、一度にいろいろな味を楽しむことができる一押しメニュー。一方、マグロを贅沢にとことん味わいたいなら、ほほ肉や鉢の身など、珍しいマグロの部位をいただける「クロまぐろ鮨(4,200円)」がオススメ。新潟産コシヒカリを使ったシャリに載せられたプリプリの海の幸を、一口でいただきましょう。

鮨処 たち吉
住所:神奈川県三浦市三崎5-2-6
営業時間:AM11:30~PM6:00
定休日:木曜(祝日の場合は営業)

三浦市三崎水産物地方卸売市場
場内にマグロが並ぶ様は一見の価値アリ。獲れたての海鮮料理をいただける食堂もおすすめだ
たち吉から西方面に少し進んだところにあるのが、三崎港に面して建つ「三浦市三崎水産物地方卸売市場」。ここの2階では、マグロの入札風景を見学することができます。巨大マグロがずらりと横たわる様子は圧巻! 同フロアに朝5時から営業している食堂があるので、三崎ならではの朝ごはんをぜひ味わってみてください。

三浦市三崎水産物地方卸売市場
住所:神奈川県三浦市三崎5-245-7
市場見学可能時間:AM8:30~AM10:30前後
(食堂はAM5:00~PM2:00、日・祝日 ~PM3:00。土日休)
不定休

>>次ページでは、マグロ料理の超有名店と、バラエティに富んだメニューを提供してくれる食事処の2軒をご紹介します。>>