最新技術を搭載し、着実に熟成し続けるクラシックツアラー

前ページではハーレーダビッドソンのツーリングファミリー、FLHRCロードキング・クラシックが'09モデルにおいて大きく進化したポイントをご紹介しました。このページでは、ベーシックなイメージが強いツーリングファミリーに導入されている最新技術を見ていきましょう。

ロードキング・クラシック
スロットルワイヤーをもたない電子制御スロットルをいち早く採用するなど、最新技術をしっかり採り入れている
'08モデルから採用された電子制御スロットルは、スロットルワイヤーのないスッキリしたハンドル周りとナチュラルな操作性を実現。また外見からではなかなか気づきにくいのですが、前後16インチのスポークホイールに装着されたホワイトウォールタイヤには、ブレーキング時にタイヤロックを防止してくれるABSを標準装備しています。


ロードキング・クラシック
下の写真が、リヤシリンダーが休止している状態。エキパイの取り回しの変更とともに、ツーリング中のライダーに配慮した機構だ
さらに、ツアラー全車に'07年から採用されているヒートマネージメントシステムも、快適性の向上に貢献する最新技術のひとつです。これは設定しておけば、エンジンが高温に達したときにリヤシリンダーが自動的に休止して、単気筒状態となるシステム。ライダーの足を熱さから守ってくれるので、夏場の渋滞時に非常に効果的な機構といえます。

345kgもあるビッグボディによって、取り回しの面で気を遣うこともありますが、むしろそのスケール感こそがステイタスとして受け入れられてきたハーレーのFLHRCロードキング・クラシック。ステップボードが前方にあるものの、ネイキッドモデルに近いスポーティな乗車感を味わえます。最新技術の採用などにより、扱いやすさがアップしているので、ワインディングなども違和感なく走ることが可能。ゆったりと、あるいはアクティブにも走行できる、まさにツーリングバイクとして申し分ない一台です。




※本ガイドサイトに掲載されている文章・画像写真などのガイドサイト上の著作物を無断で複製することを禁じます。ガイドサイト上の著作物の著作権は株式会社エイ出版社に帰属します。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。