手が届くリアルハーレー XL883L スーパーロー

ハーレーダビッドソン XL883L スーパーロー(2016)

ハーレーダビッドソン XL883L スーパーロー(2016)


スポーツスターのラインナップ中で、足つきの良いロースタイルでコントローラブルなミニマムモデル、XL883L スーパーロー。重量では先ごろバージョンアップをはたしたXL883N アイアン(アイアンの重量は247キロ、スーパーローは256キロ)がより軽量になりましたが、106万円(税込)というラインナップ中最安値のモデルということもあり、初心者向けのライトハーレーといえるでしょう。

ハーレーダビッドソン XL883L スーパーロー(2016)

ハーレーダビッドソン XL883L スーパーロー(2016)


スポーツバイクとしてのエッセンスを盛り込まれたXL883L スーパーロー。XL883N アイアンやXL883Rに見られる"スポーツスターらしさ"からの脱却を図った次世代型スポーツスターという表現がしっくりくるモデルなのですが、XL883Lというこのモデルは2005年からラインナップされていて、2011年にマイナーチェンジをはたし、現在の姿になりました。

左が2010年までのXL883L、右が現在のXL883L。ハンドルの形状、タンクの大きさ、ホイールサイズと、同じ名前のモデルながらかなりキャラクターが異なるので、中古車を探す際はこの点をチェックしてほしい

左が2010年までのXL883L、右が現在のXL883L。ハンドルの形状、タンクの大きさ、ホイールサイズと、同じ名前のモデルながらかなりキャラクターが異なるので、中古車を探す際はこの点をチェックしてほしい


以前(2005~2010)までのXL883Lは、現在のXL883N アイアンと瓜二つのモデルでした。というより、元々アイアンはこの旧XL883Lのブラックアウトモデルとして登場した経歴を持つので、似ているのは当然なのです。2011年のマイナーチェンジで、フューエルタンクが大きくなり(12→17リットル)、ハンドルがプルバック型に変更され、ホイールサイズもチェンジ(旧XL883Lはフロント19/リア16インチ、新XL883Lはフロント18/リア17インチ)しました。

見た目からわかる足つきの良さ!

身長157センチの女性ライダーがまたがった際のポジション&足つき

身長157センチの女性ライダーがまたがった際のポジション&足つき


スーパーローという名前が示すとおり、シート高はスポーツスターのなかでもっとも低い705ミリ。なので、足つきの良さは折り紙付きと言えます。重量こそ265キロと、国産バイクと比べると格段に重くはありますが、重心が低く設定されているので数値ほどの重さは感じないでしょう。排気量も883ccと、リッターモデルが多く揃うハーレーのなかでは小さい部類に入りますが、それでもこのマシンを走らせるには十分なもの。"必要にして十分"という表現がぴったりなモデルです。

本来のスポーツスターはフロント19/リア16インチというホイールサイズだった。フロント18/リア17インチのスーパーローは、その歴史の流れから見れば亜流とも言えるスポーツ仕様なのだ

本来のスポーツスターはフロント19/リア16インチというホイールサイズだった。フロント18/リア17インチのスーパーローは、その歴史の流れから見れば亜流とも言えるスポーツ仕様なのだ


従来のスポーツスターとの大きな違いであるホイールサイズ、このスーパーロー以外でこのサイズ(F18/R17インチ)を採用しているのはトライアンフ・スラクストン(~2015)ぐらいで、ちょっと特殊な仕様と言えます。足まわりがコンパクトになることで、走行時の軽快感や旋回性が高まるという効果を狙ってのものだと思いますが、一方で19インチという大きめのサイズのフロントホイールが印象を決定づける従来のスポーツスターらしさは影を潜めたと言えるでしょう。

ハーレーダビッドソン XL883L スーパーロー(2016) フロント&バック

ハーレーダビッドソン XL883L スーパーロー(2016) フロント&バック


それでは実際のライドフィールはいかがなものなのか、早速試乗へと進んでいきましょう。

>> 次ページ ミニツアラーとしての表情が伺える試乗インプレ!