パワー&ブラックがコンセプトのSシリーズ

最強のエンジンを搭載した『Sシリーズ』に注目!

最強のエンジンを搭載した『Sシリーズ』に注目!


2016年ラインナップより新たに加わった『Sシリーズ』。コンセプトは“パワー&ブラックアウト”で、ダークなボディワークに加え、驚異的なパワーが備えられています。それが搭載されているエンジンがこちらです。

最強の排気量1,801ccを誇るエンジン『スクリーミンイーグル・ツインカム110B』が搭載

最強の排気量1,801ccを誇るエンジン『スクリーミンイーグル・ツインカム110B』が搭載


排気量が1,801ccというエンジン『スクリーミンイーグル・ツインカム110B』が搭載されています。ベースモデルであるFLS ソフテイルスリムやFLSTFB ファットボーイローは通常『ツインカム103B』というエンジンを搭載。それぞれ“103”や“110”という数値が見られますが、これはアメリカの排気量単位「ci」(キュービックインチ)を表しており、それぞれをccに換算すると、103キュービックインチは1,689cc、110キュービックインチは1,801ccとなります。

この『スクリーミンイーグル・ツインカム110』エンジンは通常、ハーレーの最高級モデル『CVO』(カスタム・ヴィークル・オペレーションの略)に属するモデルにだけ許された最上級エンジンなのです。このモンスターパワーがソフテイルの2台に備わったことがどんなことを意味するのか、それは『CVO』と見比べれば一目瞭然でしょう。

上の3モデルがCVOで、下の2モデルがSシリーズ。同じツインカム110エンジンを搭載するCVOモデルは、重装備の重量級モデルばかり。つまり装備が皆無のモデルがベースとなる『Sシリーズ』では、エンジンそのもののパワーをがっつり味わえるということ

上の3モデルがCVOで、下の2モデルがSシリーズ。同じツインカム110エンジンを搭載するCVOモデルは、重装備の重量級モデルばかり。つまり装備が皆無のモデルがベースとなる『Sシリーズ』では、エンジンそのもののパワーをがっつり味わえるということ


『スクリーミンイーグル・ツインカム110』は本来、豪華な装備を持つ重量級モデルを難なく走らせることを目的としたもので、言うなればツアラークラス対応エンジンでもありました。それが、装備をほとんど持たないソフテイルモデルに搭載されたというのは、重さに邪魔されることなくハイパワーエンジンを存分に味わえることを目指したがゆえ。『Sシリーズ』は、モアパワーを求めるアメリカという国の真髄を楽しめるカテゴリーと言えるでしょう。

FLSS ソフテイルスリムS

ハーレーダビッドソン FLSS ソフテイルスリムS(2016)

ハーレーダビッドソン FLSS ソフテイルスリムS(2016)


元々ライディングパフォーマンスに定評があるFLS ソフテイルスリムに『スクリーミンイーグル・ツインカム110B』エンジンが搭載されたことで、一層モンスターバイクとしての進化を遂げたと言っていい一台。1940年代のWLAを思わせるカラーリングとカスタムグラフィックが存在感を強調しています。

[メーカー希望小売価格](消費税込)
・ビビッドブラック:245万円
・ツートーン:248万5,000円

[スペック]
全長2,345mm×全幅970mm×全高1,080mm/車重321kg/シート高650mm/ホイールベース1,635mm/排気量1,801cc/エンジン:空冷4ストロークV型2気筒OHV2バルブ『スクリーミンイーグル・ツインカム110B』/タンク容量18.9リットル/燃費18.2km/L/タイヤサイズ(F)MT90 B16 M/C 72H(R)MU85 B16 M/C 77H

FLSTFB ファットボーイS

ハーレーダビッドソン FLSTFB ファットボーイS(2016)

ハーレーダビッドソン FLSTFB ファットボーイS(2016)


ベースモデルはFLSTFB ファットボーイローのブラックアウトモデル。エンジンやホイールなどあらゆる箇所がダークペイントされているのが特徴的で、お皿をほうふつさせるディッシュホイールの重量が、直進安定性を生みます。『スクリーミンイーグル・ツインカム110B』エンジンがその走破性を高めるのは間違いありません。

[メーカー希望小売価格](消費税込)
・ビビッドブラック:259万円
・ブラックデニム:262万5,000円

[スペック]
全長2,385mm×全幅990mm×全高1,095mm/車重333kg/シート高670mm/ホイールベース1,630mm/排気量1,801cc/エンジン:空冷4ストロークV型2気筒OHV2バルブ『スクリーミンイーグル・ツインカム110B』/タンク容量18.9リットル/燃費18.2km/L/タイヤサイズ(F)140/75 R17 M/C 67V(R)200/55 R17 M/C 78V

今回はソフテイルモデルがベースに採用されましたが、来年は103ciエンジン化したソフテイルに続いてダイナファミリーが103ci化する模様。ですので、今後はこの『Sシリーズ』からダイナやスポーツスターが出てくるかもしれませんね。

続いては、ソフテイルファミリーの顔ぶれを見ていきましょう。

ソフテイル全モデルのエンジンがボアアップ!

ソフテイルモデルの全エンジンが103ci化。これにより、排気量は1,584ccから1,689ccへ

ソフテイルモデルの全エンジンが103ci化。これにより、排気量は1,584ccから1,689ccへ


2016年のソフテイルファミリーで注目のポイントと言えばコレ、エンジンが『ツインカム96B』から『ツインカム103B』へとパワーアップしたこと。これまでツーリングファミリーに搭載されていたパワフルなエンジンが備わり、ハーレーで走ることを一層楽しませてくれる仕様へと進化しました。


FLSTF ファットボーイ

ハーレーダビッドソン FLSTF ファットボーイ(2016)

ハーレーダビッドソン FLSTF ファットボーイ(2016)


映画『ターミネーター2』で一躍脚光を浴びた“ハーレーの顔”とも言うべき一台。大きなヘッドライトをはじめ、前後17インチ&ディッシュホイール&200ミリリアタイヤという独特の足まわりを持ち、ファットボーイの名にふさわしい重量ながら難なくハイウェイを走破していく頼もしいモデルです。

[メーカー希望小売価格](消費税込)
・ビビッドブラック:227万円
・モノトーン:230万5,000円
・ツートーン:234万円

[スペック]
全長2,385mm×全幅985mm×全高1,115mm/車重333kg/シート高690mm/ホイールベース1,635mm/排気量1,689cc/エンジン:空冷4ストロークV型2気筒OHV2バルブ『ツインカム103B』/タンク容量18.9リットル/燃費17.9km/L/タイヤサイズ(F)140/75 R17 M/C 67V(R)200/55 R17 M/C 78V

>> FLSTF ファットボーイの中古車解説はこちら


FLSTFB ファットボーイロー

ハーレーダビッドソン FLSTFB ファットボーイロー(2016)

ハーレーダビッドソン FLSTFB ファットボーイロー(2016)


ファットボーイの弟分として君臨するダーク&スラムダウンモデル、ファットボーイロー。スタイルはファットボーイとまったく同じながら、“ロー”の名のとおり足着きの良いローダウン仕様になっています。ブラックアウトされたディッシュホイールやヘッドライトまわり、エキゾーストパイプがこのモデルのアイデンティティです。

[メーカー希望小売価格](消費税込)
・ビビッドブラック:232万円
・モノトーン:235万5,000円

[スペック]
全長2,385mm×全幅990mm×全高1,095mm/車重333kg/シート高670mm/ホイールベース1,630mm/排気量1,689cc/エンジン:空冷4ストロークV型2気筒OHV2バルブ『ツインカム103B』/タンク容量18.9リットル/燃費17.9km/L/タイヤサイズ(F)140/75 R17 M/C 67V(R)200/55 R17 M/C 78V

>> FLSTFB ファットボーイローのインプレッション記事はこちら


FLSTN ソフテイルデラックス

ハーレーダビッドソン FLSTN ソフテイルデラックス(2016)

ハーレーダビッドソン FLSTN ソフテイルデラックス(2016)


四半世紀にもおよぶラインナップ歴を誇るハーレー屈指の人気モデル。前後16インチホイールに油圧式フォーク、リジッド型フレームという伝統の『FL』スタイルを踏襲し、見た目とは裏腹に好バランスの走行性能を持ち合わせたオススメの一台。素材の良さという点では、現ラインナップで1~2位を争うレベルの高さを誇ります。

[メーカー希望小売価格](消費税込)
・ビビッドブラック:237万円
・モノトーン:240万5,000円
・ツートーン:244万円
・ハードキャンディー ゴールドフレーク:244万円

[スペック]
全長2,410mm×全幅980mm×全高1,100mm/車重333kg/シート高670mm/ホイールベース1,630mm/排気量1,689cc/エンジン:空冷4ストロークV型2気筒OHV2バルブ『ツインカム103B』/タンク容量18.9リットル/燃費17.9km/L/タイヤサイズ(F)MT90 B16 M/C 72H(R)MU85 B16 M/C 77H

>> FLSTN ソフテイルデラックスのインプレッション記事はこちら

さらに個性的なソフテイルモデルが3台続きます!

>> 次ページ 新旧入り交じったハーレーの人気モデルが登場!