サイズも価格も豪華な、大型バイクの花形ハーレーダビッドソン。その中でもクルージング性に優れるツーリングファミリーは、'09年モデルで大きく構造上の進化を遂げました。今回は、そのベーシックモデルであるLHRCロードキング・クラシックを通して、より快適度を高めたツーリングファミリーの進化のポイントをご紹介します。

ロングホイールベース化で快適性は一段と向上

ロードキング・クラシック
 
見るからにドッシリとした安定感に溢れたボディ、普遍的ともいえるクラシックスタイルを特徴とするのが、このロードキング・クラシックです。存在感大のこのモデルは、'09モデルにおいてその基本的なスタイリングを変えずに、中身を大きく変貌させることでさらなる快適性を実現しました。
ロードキング・クラシック
クラシカルなフォルムのボディはいつでも、ゆったりと大らかな乗り味を満喫させてくれる

ロードキング・クラシック
フロントラバーマウントをシングルからツインタイプに変更。剛性アップと低振動化をさらに推し進めた
まず骨格であるシャシーを一新。従来に比べてパーツの点数を半分に削減し、溶接加工部分を大幅に減少することでさらなる高剛性化を実現しました。これに合わせてスイングアームも太く長くなり、ロングホイールベース化を達成。直進安定性と荷物の積載能力を向上しました。エンジンマウントはフロント側のラバーマウントをシングルからツインに変更し、車体全体の剛性アップと振動の軽減を推進しています。

フレームだけではない、最新モデルの進化に迫る

シャシーをはじめとする骨格の大幅な変更もさることながら、そのほかの各パーツにおいても、より快適なツーリングを可能にした進化をうかがうことができます。

ロードキング・クラシック
エキパイの取り回しを大きく変更し、ライダー、パッセンジャーへ伝わる熱を軽減。快適性を向上させている
まずは、スポーク式ホイール。前後とも16インチであることは変わりませんが、リヤタイヤには180mmのワイドサイズを装着し、走行安定性と耐久性を高めました。一方エンジンでは、新型オイルパンを採用するとともに、後部シリンダーから伸びるエキゾーストパイプの取り回しを大きく変更。前年までのモデルでは、シート直下を通るエキパイの熱さに悩まされたオーナーも多かったことから、この最新モデルでは写真のとおり左右のクロスオーバーパイプがスイングアーム下を通る方式となり、触媒も中央セクションに移動したので、ライダーが感じる熱さが大きく軽減されました。

>>次のページでは、>>扱いやすさを求めて搭載された最新技術に注目です!