前回からお届けしている“バイクで行く冬の温泉旅”。冬のツーリングは、道路状況などによってどうしても行き先が限られてしまうのが実状。そこで今回は、冬でもバイクツーリングを十分に楽しむことができる伊豆半島の、海を見ながら入浴を楽しめる温泉を厳選してご紹介しましょう。

波しぶきを浴びるほど海に近い露天風呂

高磯の湯
目の前が海という絶景の温泉。晴れた日には、大海原の向こうに伊豆七島を望める

熱川温泉の海岸沿いに作られた、開放的で野趣溢れる日帰り露天風呂「高磯の湯」。時には波しぶきが押し寄せてくることもある、ダイナミックさが魅力です。荒天時は休業となってしまうのは、海と接しているこの温泉ならでは。岩風呂は男女別になっていて、それぞれ一度に20人以上が入浴できるほどの広さがあります。水平線を眺めつつ、極上の開放感を味わいながら湯浴みを楽しむことができます。

熱川温泉エリアは、東京から直線距離で100kmほどのところに位置し、日帰りで行けるというのもうれしいポイント。最高のワインディングを楽しむことができる伊豆スカイラインを経由するコースもいいですが、冬場は凍結の可能性もあるので、熱川温泉まで海を左手に見ながらゆっくりとバイクを走らせる国道135号線を通るコースがいいでしょう。

高磯の湯
箱根ターンパイクと県道20号を経由し、熱海峠ICから伊豆スカイラインへ。亀石峠ICを降りて県道19号を海沿いに向かい、海岸線をなぞる国道135号を進めば、右手に見えてくる
○熱川温泉 高磯の湯
住所:静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本975
日帰り入浴料:露天700円(AM9:30~PM5:00)


>>次のページでは、>>西伊豆は堂ヶ島温泉の露天風呂をご紹介します。