バイクなら、半日程度の時間さえあれば余裕をもって小旅行を楽しむことができます。そこで今回ご紹介するのは、東京の奥座敷と言われる「東丹沢七澤温泉郷」。自家源泉を持ちひっそりとたたずむ一軒宿の温泉ですが、じつは都心から約1時間半で訪れることができる穴場スポットなのです。

ランチへ行く気分で温泉へ向かう

日帰り温泉ツーリングという言葉から思い浮かべるエリアは、箱根、伊豆、房総などでしょう。しかし都心からもっと近い場所にも、魅力的なスポットがあることをご存じでしたか? 今回ご紹介する東丹沢七澤温泉郷も、そのうちのひとつです。

七澤温泉郷
七澤温泉郷は、江戸時代から大山詣の人々に湯治場として親しまれてきた癒しの場所
約1時間半で目的地に辿り着けるので、出発は朝のひと仕事を終えた後でも大丈夫。遅めのランチを食べに行くような気軽さで出発したら、東名高速道路に入りましょう。厚木ICの平塚・伊勢原方面出口で降り、そこから市内を抜けてしばらくバイクを走らせます。緑豊かな自然が目に飛びこんできたら、東丹沢の七澤温泉郷に到着です。

閑静な住宅地にひっそり佇む一軒宿

七澤温泉郷
とろけるような湯が肌を包む。森の香りと川のせせらぎが心地好い癒しの空間
今回ご紹介する一軒宿の温泉は、かぶと湯温泉「山水楼」。山水楼と書かれたのれんが旅情をかき立てる、趣のある小さな一軒宿です。古さは感じられるものの、手入れが行き届いた懐かしさのある畳部屋は妙に落ち着きます。ちなみにこのかぶと湯温泉は、関東大震災の際、かぶとの形をした岩のふもとから源泉が湧き出て、現在もそのまま自然湧出しているのが名前の由来です。

泉質はPh10.3をも記録する強アルカリ泉で、湯船からあふれ出る贅沢な源泉掛け流しの湯は「ぬるり」とした感触。肌荒れにも良いと言われ、アトピーに悩む人々もよくここを訪れるそうです。

>>次のページでは、>>この一軒宿でいただけるランチをご紹介します。