観光地のイメージが強い草津ですが、じつはそこまでの道のりがワインディングの宝庫だということを知っていましたか? 今回はちょっぴり遠出して思う存分走りを楽しむ、草津へのツーリングをご紹介します。

日本の国道最高地点がある「志賀草津道路」

上信越自動車道の信州中野ICを降りて東に向かえば、そこが志賀草津道路の始まりです。この道路は、長野オリンピックの会場となった志賀高原と草津を結ぶ全長約50kmの道で、その景色の素晴らしさはとても国道とは思えないほど。日本の国道最高地点である渋峠を境に、群馬県側と長野県側では展望が異なり、その違いを感じながら走るのも楽しいものです。また、渋峠を抜けた後は下りカーブの連続でワインディングを思う存分楽しめるので、走りを重視するライダーからも人気が高い道路です。ただし、見晴らしがいい分一年中風が強く気温も低めなので、その点に考慮した装備を忘れずに持っていきましょう。

志賀草津道路
冬から春にかけて(年によって異なるが、だいたい11~5月頃)通行止めになるので初夏~秋がチャンス

立ち寄らずにはいられない、道沿いの旅情スポット

幻想的な色とスケールの大きさが魅力
幻想的な色とスケールの大きさが魅力
また、この道路の道沿いには魅力的な観光スポットも点在し、飽きることがありません。今回はそのなかから白根山の山頂付近にある「白根山湯釜」をご紹介します。

白根レストハウスの駐車場にバイクを停めて15分ほどゆるやかな斜面を登れば、そこがカルデラ湖の広がる「白根山湯釜」。直径約300m、ほぼ円形の火口に美しいエメラルドグリーンの水をたたえ、PH1前後と、魚も生きられない世界一の酸性湖を誇っています。わざわざ徒歩で登る価値アリの絶景ポイントです。

白根山湯釜
群馬県吾妻郡草津町草津白根国有林
見学料:無料
時期:冬季は閉鎖

>>次ページは草津ならではの温泉施設をご案内>>