旬の山菜を専門店でいただく

目指すは山梨県山梨市三富地区。中央高速を勝沼ICで降りて青梅街道に入り、分岐点で国道38号線へ。しばらく進んで国道140号線を右折します。坂道を上り城山トンネルを抜けた右手、山梨市役所の向かいにあるのが「かわうら」。山菜料理の専門店であるこのお店は、メニューに山菜を使った料理しかないという徹底ぶりです。

お店に到着したら、意気込んで頼みたいのは「山菜上定食」(1890円)。ワラビとコゴミとウルイのおひたしから、フキ煮、ヤブカンゾウの酢味噌和えまで、季節の三菜が6種類の小鉢で並びます。それらをおかずに食べる筍御飯もまさに旬の味覚。10種類ほどの山菜と甲州地鶏を煮込んだ鍋につけて食べる山菜そば(1150円)も人気メニューのひとつです。

かわうら
写真左)「山菜上定食」。季節によって変わる山菜の小鉢は絶品。左上から、1.ウドの胡麻油炒め 2.コゴミの胡麻和え 3.ウルイとコゴミ、ワラビのおひたし 4.きくらげの酢グルミ和え 5.カタクリの油炒め 6.ヤブカンゾウの酢味噌和え 7.タケノコご飯(秋は舞茸ご飯)8.シメジの味噌汁 9.ゴボウ、梅の漬物
写真右)煮込んだ鍋につけて食べる山菜そば

>>次ページは雁坂トンネルを抜けるルートの紹介>>