緩やかなカーブが続く県道16号
緩やかなカーブが続く県道16号
南伊豆にツーリングに出かけたら、一度は訪れておきたいのが石廊崎。前回紹介した弓ヶ浜から、国道16号線のゆるやかな海岸沿いを走ります。道に高低差がほとんどなく、のんびりと走りを楽しめるルートです。到着が近づくにつれて案内の看板が出てくるので、道に迷わずスムーズにアクセスできます。

伊豆最南端の絶景

南伊豆最南端の地から眺める絶景
南伊豆最南端の地から眺める絶景は圧巻のひと言
石廊崎は、相模湾と遠州灘を分ける伊豆半島の最南端に位置する岬。遊覧船の発着場となっている石廊崎港にバイクを停めるといいでしょう。軽食の取れる売店を横目に見ながら、坂道を上ると、すでに廃墟となっている「石廊崎ジャングルパーク」が見えてきます。

そこを過ぎると目的地の石廊崎灯台が現れ、その先が岬の最南端。高さ60mの断崖が切り立つ岬の先端からは、左右270度に広がる水平線を見渡すことができます。天気のいい日には、遠くに伊豆七島を見渡せるなど、水平線の雄大さに圧倒されるはずです。

熊野神社
多くの絵馬が掲げられた熊野神社
岬の最南端にある幅の狭い階段を下りると、岩肌に埋もれるように立つ石室神社があります。そこからさらに30m先の最突端には熊野神社の祠がありますが、このふたつの神社はそれぞれ縁結びの神が祀られていることで有名。熊野神社の祠全面には、訪れた人々の願いがつづられた絵馬が掲げられています。


>>次ページは雲見無料露天風呂の紹介>>