今回は都心からひとっ走りの距離、信州へのツーリングルートを紹介します。名物の鯉料理を味わい、歴史ある寺院を巡りながらゆっくりと過ごす。心身ともに癒される大人のツーリングルートです。

千曲川の鯉を味わいに佐久へ

まず、関越道の藤岡JCTから上信越道に入ります。佐久ICまでは練馬ICから約150km。首都圏からなら、無理して早朝に出発しなくても、昼前には到着できる距離です。

画像の代替テキスト
(上)鯉をから揚げにして甘辛ダレをかけた鯉丼
(下)鯉の洗い定食は絶対おすすめ
佐久といえば名物は鯉料理です。鯉と聞くと骨が多く匂いもどこか泥臭いというイメージで、多くの方が食わず嫌いになっていると思います。そこで、数ある鯉料理専門のお店のなかでも紹介したいのが「三河屋」。ご主人の本多さんは、鯉料理をもっと気楽に味わってほしいと、おいしい鯉料理の研究をされています。

鯉のから揚げに甘辛ダレをかけた「鯉丼」は、鯉の身が海水魚の白身魚よりたっぷり感があってなかなかの味わい。鯉が苦手な人も食べやすい味に仕上がっているのでおすすめです。

しかしなんといっても絶品なのが「鯉の洗い」。泥臭さがまるでないので、わさび醤油だけで鯉の身の旨さを直に味わうことが出来ます。千曲川の清流で育った佐久鯉は、臭みが全くないことで有名。是非味わっていただきたい逸品です。

【鯉料理・鰻 三河屋】
営業時間:11:00-14:00、17:00-22:00(月曜定休)
Tel:0267-67-3491 
住所:長野県佐久市岩村田本町762-10

>>次ページは上田周辺の寺院を巡るルートを紹介>>