渋滞を避けるマル秘ルートは朝にあり

東伊豆といえば、美しい海岸線が目に浮かびます。距離も手頃で、週末のツーリングルートとしては定番のひとつ。ただし渋滞が多く、迂回路も少ないのが難点です。そこで今回は早朝5時頃に東京を出発し、伊豆・稲取漁港の朝市を目指します。この時間帯なら気持ちのいい朝の空気を満喫できることうけあい。しかも渋滞に巻き込まれる心配もありません。夜明けと共に出発し、朝市で美味しい朝食を味わってみませんか。

早朝、東名高速で伊豆を目指す

画像名称
朝の海岸線を走る清々しさは、眠気も吹き飛ばしてくれます
早朝5時に都内を出発し、東名高速で南下します。厚木ICから小田原厚木道路に入り、小田原方面へ。小田原西ICへ出たら西湘バイパスへ入って、早川ICへと進みます。あるいは秦野中井付近から海岸線へ出て、二宮から西湘バイパスを使って海沿いに早川ICへ出るという手もあります。

早川ICからは真鶴道路、熱海ビーチラインを経由して国道135号へ。このルートは海の青さを存分に楽しめるコースです。渋滞の名所でもありますが、早起きしてここまで順調に走ってきていれば、時間的に見て渋滞に遭遇することはあまりないはずです。135号線を熱海、伊東と南下し、熱川を過ぎれば、稲取はすぐです。

なごやかな稲取の朝市で朝食を

画像名称
上)稲取は金目鯛と伊勢海老で知られる漁港です
下)朝駆けですっかり空っぽになったお腹に、金目鯛の旨みが染み込みます
東伊豆町庁舎の隣にある立体駐車場。その1階で稲取の朝市が開かれています。稲取漁港の目の前で開かれるこの朝市、さまざまな魚が水揚げされ、集まる人々が家族のように和気あいあいとした売り買いを楽しんでいます。

この朝市の名物が金目鯛の釜飯(700円)。古くから金目鯛の水揚げ港として知られる稲取漁港自慢の味です。また、金目鯛のアラ汁とアジの干物は無料でいただくことができます。早起きした甲斐がある、嬉しいご馳走です。(開催日:土・日・祝 午前8:00~午後0:00 問:東伊豆町観光商工課 TEL0557-95-6301)

次のページは温泉でひとっ風呂>>