東北自動車道から磐越自動車道へ

猪苗代湖
表磐梯の景観として定番の猪苗代湖。磐越自動車道の南側にある
夏の後半、少し余裕があるのなら、日帰りではなく1泊でキャンプを楽しんでみてはどうでしょうか。自然の景観を楽しみ、キャンプ場でバカンス気分を味わえば、心に残る休日になることでしょう。今回は東北自動車道からスタートして裏磐梯のキャンプ場を目指すルートをご紹介したいと思います。

まず、東北自動車道の郡山Jctから磐越自動車道へ入ります。しばらく走ると左手に猪苗代湖が登場。猪苗代湖を堪能するのなら、猪苗代磐梯高原ICで降りるといいでしょう。白鳥の飛来地としても知られる猪苗代湖では、湖水浴やさまざまなマリンスポーツも楽しめます。また、ここにもいくつかキャンプ場があり、たくさんの観光客で賑わっています。

今回紹介するのは、もう少し足を伸ばして会津若松ICで降りるルート。この辺りは会津の米と水を使った酒造りで有名な地域でもあります。山名合名会社、末廣酒造などの有名な酒蔵を見学するのもいいでしょう。ただし、飲酒運転はご法度ですから、ふらふらと香りに誘われて飲んでしまわないように。

今回の目玉は、磐梯山ゴールドライン

磐梯山ゴールドライン
雄大な磐梯山に抱かれながら、ゆったりとした旅を楽しみましょう
今回のルートの目玉となるのは磐梯山ゴールドラインです。会津方面から磐梯山を右手に眺めながら、桧原湖へとつながる有料道路で、南側にはいくつか展望所があり、猪苗代湖を眼下に見下ろす絶景を楽しむことができます。

このゴールドラインは、よく整備されていて走りやすい道ですが、山地を走るため高低差があり、かつタイトなヘアピンコーナーも多いため、スピードには要注意。先を急ぐよりも、ゆったりと時間をかけ、景観を楽しみながら行くのがいいでしょう。夏はもちろんのこと、新緑の鮮やかな5月、紅葉の見事な10月などにもお勧めできるコースです。

>>次ページはいよいよ桧原湖に到着です>>