07年夏カーナビが出そろった!

5月14、15、16日と、イクリプス、パナソニック、三菱のカーナビ新製品発表会が続き、この夏商戦に向けた07年カーナビが出そろった。この春は簡易型携帯ナビ=PNDの話題でもちきりだったが、本命はやはりこちらのAV機能一体型多機能ナビだ。

さて、07年カーナビの傾向だが、
  • 地上デジタル放送標準装備
  • インターネットなどとの連携による情報鮮度の向上
  • 多メディア対応
をうたったモデルが多い。

002.jpg
パナソニック「ストラーダ」のフラッグシップモデルCN-HDS965TD(35万4,900円)は4チューナー×4アンテナの高性能地デジチューナーを標準装備
地上デジタル放送は、2011年に予定されているアナログ放送停波まであと5年となり、昨年あたりからクルマへの導入が本格化。昨年は地デジチューナー付きなら売れる状況だったが、今年は多くのメーカーが地デジチューナーを標準装備してきたこともあり、受信性能や操作性など、総合的な能力を問われる時代になった。

情報鮮度は、ある意味、カーナビの構造的な弱点でもある。地図データにしろ、検索データにしろ、カーナビに収録された情報は、購入した瞬間からどんどん古くなっていくからだ。もちろん、HDDナビならデータ更新、DVDナビなら最新データディスクの購入で、最新の情報が入手できるわけだが、そのデータ更新頻度は年1回のものがほとんど。メーカー純正ナビでデータ更新を半年に1度行うものもあるが、いずれにしろ、カーナビの発売後から更新データの配布前にオープンしたお店が検索できないことにかわりはない。

情報鮮度とWeb連携が07年夏カーナビのキーワード

001.jpg
イクリプスはケータイリンクを採用
そのような状況を打破するべく、07年カーナビは専用Webサイトとの連携を図ったモデルが増えた。収集した情報をカーナビに取り込む方法は、メモリーカード、携帯電話などさまざまだが、Webサイトに掲載された情報のなかから行きたいスポットを見つけ、その地点データをカーナビに取り込み、目的地として設定する。これで、カーナビ内に収録されていない最新の話題スポットにも簡単に出かけられるし、どのようなスポットなのかの情報もWebサイト上で調べられるというわけだ。

多メディア対応は、iPodやメモリーオーディオの再生、圧縮音源の再生、DVDレコーダーで録画した映像の再生などにどこまで対応しているかが重要。たとえばDVDプレーヤーがCPRM対応でなければ、地デジなどのデジタル放送をDVDレコーダーで録画したディスクが見られなかったりするからだ。

次ページからは、これら3ポイントを中心に各社の最新主力モデルを紹介。