大幅に質感の上がったインテリア


そしてニューCクラスは、エクステリアのみならず、インテリアでも大幅に質感を上げてきた。まずダッシュボード表面層は、触ると柔らかいポリウレタンになり、見た目と触感を同時に向上させた。

上:アバンギャルド。 下:エレガンスのインテリア。見た目も触感もいい、ポリウレタンのダッシュボード。

そのカラーはブラック一色以外に、ブラックとグレイの2トーン、カシミアベージュの2トーンのバリエーションも用意される。2トーンインテリアを選んだ場合、アッパー部は濃いカラーでフロントウィンドウへの映り込みを防ぎ、ロアー部は明るめのカラーで明るく開放的な雰囲気を演出している。

センターパネルは五角形。メルセデスベンツのフロントグリルのテーマを反復する。センターコンソールにはCOMANDコントローラーが見える。

ダッシュボードセンターパネル部の五角形はフロントグリルのテーマの反復。パネルは左右上下両方向にR(曲面)が付き、ボタンもインテグレートされ質感が上がった。たとえばSクラスでも、センターパネルのエアアウトレットがグリルのテーマの反復になっていて、同じように乗っている時でも象徴的なメルセデスベンツのグリルを意識させるもの。この辺りはメルセデスベンツのデザインキューでもあるのだろう。

NAVI画面は、ダッシュボードの最上部に格納される。

NAVI画面は見やすい最上段に、使わない時にはリッド内に格納される大型の7インチ。NAVIが進んでいる日本車では数年前の格納式から、最近ではNAVI画面装着が前提のダッシュボードデザインに移行しているのがトレンドだ。ここはやっと数年前の日本車並みになったところ、と言える。

ドアの2トーン、本木目、間を分けるクロームも質感高い。ただし本革シート仕様でも、ドア部はポリウレタン。

センターコンソールの「本」木目のウッドパネルは、アバンギャルドがブラックバードアイメープルウッドでモダンな雰囲気。エレガンスはウォールナットウッドで落ち着ける雰囲気だ。

なんとドアハンドルにも照明が。丁寧なデザインだ。

シートもシートウィングの発泡材を硬めに、内側表面を柔らかめにする2ゾーン・シートパッドを採用。先代より発泡材を5%厚くし、座り心地、快適性も向上させている。後席ももちろん、3席分のヘッドレストと3点式シートベルトが装備される。
C 300 アバンギャルドSでは、前席左右と共に後席も独立で空調温度、風量をコントロールできる。