街中を行く人の視線が痛い・・と感じるほど、注目度が高かったHHR。
 アメリカでホンダのエレメントやScionのxB(トヨタbB)を欲しがるようなユーザー層を狙ったこのクルマ。しかし実際発売されて見ると、米国ではPTクルーザーと比較されており、様々な意見が飛び交っている。
 そんなわけで無意識にPTと比較しながら乗り比べてしまったが、正直、細部は本当によく似ている。顔つきをはじめ外観は違うが、丸を基調としたルーバーやラゲッジなど「あっ見たことある」という箇所が多くでてくる。
 しかし後発の強みは大きい・・と思ったのは、細部の造り込みが良くできていて、逆を返すとPTでネガティブに感じる部分をHHRでは、クリアにしているのだ。たとえば後席シートを格納したときのサイズはHHRはとても広く、しかも床下収納もあるなど使い勝手をアップ。フロアも樹脂製だから汚れが拭き取りやすく実用性も高い。
 さらに走りに関してもそうで、PTと同排気量の2.4lエンジンは、音の処理がうまく、HHRのほうがスムーズさをもっている。国産車の同排気量と比較したら、けして速くないのはどちらも一緒だけれど、スムーズな加速感、そして乗り心地の良さでいったらHHRに軍配があがる。
 ただデザイン優先のHHRは視界は悪く、ちょっとした縁石も見えないので取り回しが大変。しかも車高が低くアゴ先をひっかけそうなので、細い路地や駐車場なんかでは、けっこう神経をすり減らす。このあたりはアメリカ車と割り切るしかないわけだ。
 見た目よりはけっこう実用性のあるHHR。人とは違うクルマに乗りたいなら、ワゴン的にも使えるおもしろいクルマにはなっている。

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/7/1~2021/7/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。