この傷が消えてくれたら・・・
そんな思いを抱いたことありませんか?



技術の進歩ってすごいなぁ~なんてことを、しみじみ思ってしまったのが、エクストレイルの“スクラッチガードエディション”というモデルです。

このクルマは日産・エクストレイルの特別仕様車なのですが、なんと洗車機の擦り傷のような、ちょっとした傷が太陽光に当てるだけで消えてしまうというすごい塗装の持ち主! 
百聞は一見にしかず・・・ということで、どんなものなのか実際にトライしてみました。と言っても、さすがに自分でクルマに傷つける勇気がなかったので、日産の方にやっていただきました。ちなみに消せる傷は洗車傷や木の枝にこすったようなもの。残念ながら凹みや削れはとれません。凹みが取れたら最高なんですけどね。

さてさて実験の方法ですが、なんと金ブラシ(歯ブラシのようなもののブラシ部分が金属でできているもの)でいきなり、ボディをスリスリスリ・・・・。まさに状況はどこかの通信販売のようです。そして思いっきりつけてしまった傷(指先で触ると少しザラザラした感触がある程度でした)になんと、熱湯をかけると・・。それはまさにマジックかのように傷がみるみる消えてしまったんです。実際に傷跡を触ってみてもザラザラ感は一切なし。傷が見えないのではなく、本当にすっかり消えていました。
写真ではわかりにくいですが、擦り傷が見事に消えてしまいました


今回は急いで結果を見せてもらうために熱湯をかけましたが、通常は紫外線に当てるだけで数日で消えるとのこと。また夏の陽射しのように暑い日には復元するのも早いと言います。
これは本当にかなり魅力的な装備。価格も標準仕様のエクストレイルよりも数万円高いだけなので選ぶ価値は大いにあります。

ちなみにこの塗装を採用しているのは、現在はエクストレイルのこの特別仕様車のみ。でもなぜエクストレイルなのでしょうか? 
そこを質問してみると「エクストレイルはアウトドアで使うことを考えられたクルマで、細い道や悪路などを走ることが多いです。とくにサーフィンなどで使われる方も多く、そういった人を見ていると、けっこう防砂林の間の道など枝が出ているような細い道を走っていて、枝で小傷がついてしまうという声も聞きました。そこでこういった塗装を採用したわけです」とのこと。なるほど。でもそれならばぜひ標準装備でこの塗装使って欲しいな、なんてことも思ったり。というかぜひ他の車種にも採用して欲しいですね。

アウトドア派には本当に魅力的な内容。特別仕様車とはいえ注目の1台です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。